タイトル画像

肉汁たっぷり!〜アンザス牛の溶岩焼ハンバーグランチ〜『溶岩ダイニング Campus』【横浜市】

mizue

ロコっちたまプラーザレポーター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!

「楽しいことだけする」「小さなことは気にしない」をモットーに活動する、わくわくコミュニケーターのmizueです。

息子のリクエストで【溶岩ダイニング Campus】にランチに行きました。

店頭では、男性がふたり待っていたので入店の列かと思いましたが、テイクアウト待ちの人たちでした。

日曜日のお昼時ということで、店内も賑わっています。

私は、はじめてのセルフオーダーにとまどいます。

息子が全部やってくれたからよかった!笑

スマホから机の上にあるQRコードを読み取り、好きなメニューを選びカートに入れて「注文する」ボタンを押して注文完了だそう。

ホリデーランチメニューから、私は『アンガス牛の溶岩焼ハンバーグ(税込1480円)』、息子は『アボカドバーガー(税込1738円)』を選びます。

注文が終わるとすぐに、かぼちゃのスープが届きます。

温かくて優しい味のスープです。

あまりかぼちゃが好きではない息子も、「おいしい」と飲んでいます。

続いてサラダ。

サクサクしたトッピングと小さく切ってあるトマトがアクセントで美味しかった。

ハンバーグランチについている3種の前菜も届きます。

前菜盛り合わせは、オリーブと生ハムのポテトサラダ・ナスのボロネーゼミルフィーユ仕立て・鴨スモークのあぶり。

半分、息子にとられましたが(笑)

どれも美味しくいただきます。

いよいよメインのハンバーグ。

すでに肉汁が溢れ出しています。

ハンバーグの下にはとろっとろのマッシュポテトが。

「ハンバーグには味がついているので、お好みで岩塩・ガーリックチップ・わさび・デミグラスソースをつけてください」と店員さん。

ナイフを入れると溢れ出る肉汁がすごい!

柔らかくてジューシー。

「岩塩で食べるのが美味しいね。いや、そのまま食べるのも美味しいね。」と味見をした息子。

私は、色々味変できるのも嬉しかった。

付け合わせのフライドポテトのカリッと美味しかったこと。

アンチョビバターも、これだけでご飯一杯いけそうな旨さ!!

息子が食べていたアボカドバーガーもすっごいボリューム。

大満足なランチになりました。

店頭には、自家製冷凍惣菜の自動販売機もありました。

自宅で簡単にレストランの味が楽しめるって嬉しいですよね。

店舗概要

溶岩ダイニング Campus

〒225-0003
横浜市青葉区新石川3-13-14

080-3573-9945

それでは、今日も「わくわくな1日」を!

シェア

いいね

コンテンツへの感想