タイトル画像

【京都市中京区】ゼスト御池・河原町広場に「いくらサーカス」がやってきた!本日13時・15時に2回公演

MIZUHO.WORK

広告・新規事業企画・インバウンド/ライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ゼスト御池に「いくらサーカス」がやってきました。10月2日(土)3日(日)の13時・15時の計4公演の予定で、ゼスト御池(河原町広場)で開催されています。初日の1回目公演では、見慣れない中国の仮装や美しいフラフープの舞にたくさんの観客が集まりました。

サーカスでは中国の伝統芸能「変面」や中国独楽・フラフープ・イリュージョンが楽しめます。ダイナミックなパフォーマンスに「おぉ~!」という観客の声が響いていました。

いくらサーカスは大阪・兵庫を中心に活躍するサーカス団で、中国の変面芸やアクロバットを得意としています。変面芸は中国の伝統芸能で中国雑技団や京劇をルーツとし、一瞬でマスクが変わる見応えのあるパフォーマンスです。

いくらサーカスの変面は本場・中国から正式に芸能を継承し、豪華絢爛な衣装や変化するマスクの種類が多く観客を魅了します。音楽に合わせてダイナミックな舞をしながら、「シュッ!」という威勢のよい音と共にマスクの表情や色が変化していき、仕掛けがなんとも不思議です。

中国独楽では光る独楽を華麗に操り、糸を自在に操る姿が圧巻でした。フラフープの演目では複数のフラフープをくるくるとまわし、しなやかな体とフラフープが一体になる美しさが見どころです。最後は仕掛けを使ったイリュージョンで、黒い大きなボックスを使ったマジックが観られます。

いくらサーカスのサーカスイベントは本日10月3日(日)の13時・15時の2回公演の予定で、ゼスト御池・河原町広場で開催されます。音楽に合わせたダイナミックなパフォーマンスは見応えがあり、変面芸は他ではなかなかお目にかかれません。

演目は20分程度で無料観覧できます。サーカスイベントのあとには食事やショッピングも楽しめるので、ぜひ本日はゼスト御池に遊びに行ってみてください。

いくらサーカス
日時:10月2日(土)・3日(日) 13時~/15時~
場所:ゼスト御池・河原町広場
住所:京都府京都市中京区下本能寺前町492-1
ゼスト御池公式サイト:https://www.zestoike.com/
いくらサーカス公式サイト:https://www.ikuracircus.com/
いくらサーカス公式インスタグラム:https://www.instagram.com/ikuracircus/

シェア

いいね

コンテンツへの感想