タイトル画像

【京都紅葉情報2021】今週末(11月13・14日)に見頃を迎える!京都・洛北の紅葉おすすめ寺院3選

MIZUHO.WORK

広告・新規事業企画・インバウンド/ライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いよいよ秋らしい季節になり、京都市内の街路樹は赤や黄に色づいてきました。京都の北部は今週末に紅葉の見頃を迎えそうです。京都の高雄地区には三尾三山と呼ばれる山々があり、それぞれを代表する3つの寺院があります。神護寺・高山寺・西明寺の3カ寺は紅葉が美しい寺院として知られており、徒歩で紅葉めぐりをするのがおすすめです。

神護寺は781年(奈良時代)に和気清麻呂によって創建され、古くから紅葉の名所として親しまれています。山門までは400段の石段があり、その両端にもみじ並木が続きます。見頃になると真っ赤な並木道が続き、階段を上がっていることを忘れてしまいます。

三尾三山のなかで最も境内が広く、紅葉のみどころもスポットが多いのが特徴です。おすすめは境内の奥にある地蔵院前広場で苔床に多くのもみじが植栽されています。赤いもみじと緑の苔のコントラストの美しさは圧巻です。

神護寺
住所:京都府京都市右京区梅ケ畑高雄町5
拝観時間:9:00~16:00
拝観料金:大学生以上600円/中高生500円/小学生300円/障がい者300円/障がい者(小学生)200円 
公式サイト:http://www.jingoji.or.jp/
MIZUHO.WORKブログ・神護寺:https://mizuho.work/buddhism/jingoji-kyoto/.html/

西明寺は三尾三山のおすすめ寺院のなかでもっとも小さく風情ある古刹です。社寺建築と紅葉のコラボレーションの美しさは圧巻で、秋らしい写真が撮れます。

アメリカ・CNNのウェブサイトで日本の最も美しい場所3選(Japan’s Most Beautiful places)にも選出されています。西明寺は貴重な仏像が多く安置されており、11月1日~30日は国宝本堂後陣仏像群が特別公開中です。西明寺の貴重な寺宝も見逃せません。

西明寺
住所:京都市右京区梅ヶ畑槇尾町1
拝観時間:9:00~17:00
拝観料金:大人500円/中高生400円
公式サイト:https://saimyouji.com/
MIZUHO.WORKブログ・西明寺:https://mizuho.work/buddhism/saimyoji-kyoto/.html/

高山寺は国宝鳥獣人間戯画が有名な寺院で世界遺産に登録されています。高山寺は栂ノ尾山の斜面に沿って境内が広がっており、自然豊かなハイキングが楽しめます。古刹らしい風情で国宝石宝院の裏庭の紅葉が美しく、縁側から外を眺めていると心が洗われて気持ちが穏やかになります。

国宝鳥獣人間戯画は京都国立博物館に寄贈されているため、写しが鑑賞できます。マンガの元祖といわれており、動物たちの楽しい姿が微笑ましい作品です。

高山寺
住所:京都府京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
拝観時間:8:30~17:00
拝観料金:大人800円 ※秋期入山料500円
公式サイト:https://kosanji.com/
MIZUHO.WORKブログ・高山寺:https://mizuho.work/buddhism/kosanji-kyoto/.html/

京都市内は今週末から見頃を迎える紅葉スポットが多く、本格的にシーズンを迎えます。今週末はぜひ京都三尾三山のハイキングがおすすめです。自然あふれる秋の京都は日頃のストレスや疲れを吹き飛ばしてくれること間違いありません。

シェア

いいね

コンテンツへの感想