タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【京都市東山区】幻想的な平安神宮の夜間参拝「NAKED ヨルモウデ 平安神宮」は1/16(日)まで

MIZUHO.WORK

広告・新規事業企画・インバウンド/ライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

平安神宮では夜間ライトアップイベント「NAKEDヨルモウデ平安神宮」が開催されています。NAKEDといえば、過去に二条城で行われたデジタルアートイベント「FLOWERS」が話題になりました。日本の伝統建築にプロジェクションマッピングを映し出し、ネイキッドオリジナルの艶やかな空間を創り出します。

「NAKEDヨルモウデ平安神宮」はネイキッド初めての試みで、應天門や大極殿が七色にゆっくりと変化し、通常では観られない幻想的な演出が魅力です。この時期日中の平安神宮は初詣参拝客で混雑していますが、平日夜間の20時以降のネイキッドは比較的空いていました。新型コロナウィルスの感染予防対策としても、夜間拝観は有効です。

「ヨルモウデ平安神宮」の最大のみどころは「神苑」です。神苑は総面積10,000坪を誇る池泉式回遊庭園で国の名勝にも指定されています。神苑は東西南北の4つの庭園からなり、ヨルモウデでは東と南の庭園が解放され、遊歩道のライトアップのほか、さまざまな仕掛けで遊べます。

メインは南苑の池に架かる泰平閣(橋殿)のデジタルアートです。橋殿の天井には艶やかに色彩が変化するランタンがつけられ、床板には花をモチーフにしたアートが浮かび上がります。泰平閣は平安時代の宮中を連想させる伝統的な建物で、伝統とモダンを見事に合わせた演出は絶好の写真撮影スポットです。

仕掛けのなかで面白かったのは「DANDELION PROJECT 平安神宮」です。平安神宮の象徴とされる臥龍橋(がりゅうきょう)の前で展示されています。指定URLをスマホに読み込み、氏名を登録しまう。ネイキッドのデジタルアートに自分の名前が浮かび上がり、他で開催されているネイキッド会場にタンポポの綿毛が飛ばされます。ちなみにわたしのタンポポは高知城でした。

NAKEDヨルモウデ平安神宮は各チケットサイトで購入できるほか、会場で当日券購入も可能です。平日と土日で料金が異なるので平日拝観がお得です。土曜日限定で「夜間特別祈祷チケット」も販売されているのであわせてチェックしてみてください。

MIZUHO.WORK おすすめ関連記事
平安神宮ってどんな神社?
詳しくはこちら >>【平安神宮】国の名勝・神苑は平安時代の宮中の庭園を思わせる、絶景!写真映えスポット

NAKEDヨルモウデ平安神宮
会場:平安神宮(へいあんじんぐう)
住所:京都市東山区小松町125
開催日時:1/6(水)~1/16(日)17:30〜21:30(最終入場20:50)
通常チケット:月〜木 中学生以上¥1,500 小学生¥1,000
金土日祝 中学生以上¥2,000 小学生¥1,500
限定光るマスク付きチケット:月〜木 中学生以上¥2,500 小学生¥2,000
金土日祝 中学生以上¥3,000 小学生¥2,500
チケット購入:チケットぴあローソンチケットイープラスCNプレイガイドセブンチケット楽天チケットアソビュー
夜の特別ご祈祷付きチケット:一律 ¥10,000
チケット購入:イープラス
ヨルモウデ公式サイト:https://eplus.jp/yoru-mo-de/
平安神宮公式サイト:http://www.heianjingu.or.jp/

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想