タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【京都市中京区】2022ミシュランビブグルマンに掲載!行列必至の超有名店【大鵬】の「てりどんきんし」

MIZUHO.WORK

広告・新規事業企画・インバウンド/ライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

中華料理大鵬は「2022ミシュランガイド京都・大阪+和歌山」にてビブグルマンに選出されている京都屈指の人気中華料理店です。街の小さな中華料理屋さんといった印象ですが、女性ひとりのお客さんも多く、気軽に入りやすいことに驚きました。

今回は大鵬名物「てりどんきんし」を食べに行きました。+400円でスープ•サラダ•揚げ春巻のセットを注文できるため、てりどんきんしミニサイズのセットでお願いしました。食べられない食材やアレルギー、また使用する食材を細かく聞いてくれて、ホスピタリティーの高さにも驚きました。

「てりどんきんし」は甘辛く炊いた豚肉と錦糸卵がのった丼ぶりです。甘辛い豚肉がほどよい濃いめで、どんどんごはんが進みます。一番驚いたのが、柔らかくて甘い錦糸卵です。あれほど繊細で柔らかく、ふんわりした錦糸卵は生まれてはじめての味わいでした。あの優しい食感は忘れられません。濃いめな甘辛ソースに錦糸卵が絡むと絶妙な味わいと食感が楽しめ、箸が止まらなくなります。

ミシュランビブグルマンに選ばれ、連日行列ができることが納得できる絶品でした。大鵬は京都のデカ盛りグルメとしても有名で、地獄盛りと呼ばれる大盛りがあります。セットのスープは20種類以上の野菜から出汁をとったスープで、野菜を余すことなく使っている環境にもやさしいスープです。揚げ春巻はキャベツがたっぷり入っていてスナック感覚で食べられます。

大鵬では使用する食材に並々ならぬこだわりがあります。よりよい食材を使用し、生産者さんのから預かる食材という「いのち」を無駄にせずに料理として「人」につなぐという考えのもと、料理を提供しています。店内のあらゆるところに食材や生産者さんへの想いが綴られていて、料理を待つ間に「食事に対する感謝の想い」を再認識させてもらいました。

きめ細やかな心遣いが随所に感じられる「中華料理大鵬」。てりどんきんしが名物ではあるものの、本場中国のスパイスを使用した四川料理も外せません。食べてみたいお料理がたくさんあるので、また来訪してみたいと思います。

大鵬(たいほう)

住所:京都市中京区西ノ京星池町149

電話番号:075-822-5598

営業時間:11:30~14:20/17:30~20:30 ※21日まで時間変更あり

定休日:火曜日

MIZUHO.WORKおすすめレストラン(JR二条駅周辺)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。