タイトル画像

How to

  • いいね

マスクでも華やかに♪簡単&時短アップアレンジ

mizunotoshirouヘアアレンジ

ヘアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!愛媛県松山市道後の美容室『美髪クリニックCourbe』の水野です。

毎日が楽しくなるヘアアレンジや巻き髪をご紹介しています☆

著書は堀田茜さんが表紙の『Toshi’s 5min Hair Magic』

「初めてご訪問された方は、こちらをご覧ください↓」

【自己紹介】

ヘアスタイル&ご予約はこちら♪

今回のテーマはこちら!

マスクでも華やかに♪簡単&時短アップアレンジ

マスクを付けていると、重たい髪型はヤボったい印象に見えることも…。

そんな時にオススメなのが華やかなアップアレンジです。

今回のプロセスならピンも留まりやすいので、簡単にアップアレンジが可能です。

ミディアム〜ロングまで大丈夫ですので、大切な日に向けてぜひ練習してみてください!

プロセス

1.ざっくり斜めに分けて※くるりんぱします。綺麗に分けないで、ざっくり分けるのが可愛くなるポイントです。

※くるりんぱとは…ゴムの上から毛束を通す技法で、ピンを使わなくても簡単に毛束をまとめることが出来ます。

角度は下げて、毛束を通す穴は広げ過ぎないように注意しましょう。

角度を下げたまま毛束を引き上げます。

2.逆側も同じく角度を下げてくるりんぱします。

3.毛先を※ロープ編みしてゴムで留めて、逆側のくるりんぱの穴に入れ込みます。

※ロープ編みとは…毛束を2つに分けて交差させる技法で、簡単にラフな質感になります。

ロープ編みがゆるまないようにキツめにゴムで留めてください。

ロープ編みが難しい場合は、三つ編みやねじるだけでも大丈夫です。

ピンで留めるとしっかり固定します。

4.逆側も同じくロープ編みを逆側のくるりんぱの穴に入れ込みます。

5.お好みでおくれ毛をルーズに巻きます。

ミディアムは26ミリ、ロングは32ミリのコテがオススメです。

コテが苦手な方はこちらをご参考に。

【街で見かけるど〜しても直してあげたい巻き髪】

【お家で髪がダメージする2大原因】

6.顔回りにヘアバームを馴染ませて艶感を出します。

前髪やおくれ毛に濡れ髪感を出すと、一気にお洒落になります☆

ヘアバームの使い方はこちらにまとめてます♪

【ヘアバームの正しい使い方】

7.全体をルーズにほぐして、バランスを整えます。

顔周りは膨らみ過ぎないように注意しましょう!

動画でも詳しく解説してます!

最後に

モデルさんより髪が短い方で、ぽろぽろ髪が出る方は、ピンで補強しながら進めてください。その髪をおくれ毛に使っても可愛いので、あまり気にしなくても大丈夫です♪

暑い日が続きますので、アップアレンジを覚えておくと役立つと思います^_^

短い長さのヘアアレンジはこちらもご参考に☆

最後まで読んで頂きありがとうございました。

シェア

いいね

コンテンツへの感想