タイトル画像

How to

  • いいね

ヘアアレンジが上手く出来ない5つの原因

mizunotoshirouヘアアレンジ

ヘアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎日が楽しくなるヘアアレンジやヘアケア方法をご紹介しています☆

Instagram、YouTube、ブログなどでヘアアレンジを発信しているのですが、フォロワーの皆様やお客様からこの様なコメントを頂くことがあります。

『自分では上手くできません!』

『不器用なのでできません!』

『髪質が違うので難しい!』

諦めてはいけません!!笑

もちろん練習を重ねることで、ある程度のレベルまでは、必ず上手くなるのですが、上手くできない原因を知ることで、上達スピードが格段にアップします。

今回はヘアアレンジが上手くできない原因を、僕がお客様にヒアリングして感じた視点から解説しますので、今まで諦めていた方は読んで実践して頂きたいです。

①練習不足

器用さやバランス感覚に個人差があるため、プロセスを1回見るだけで出来る方もいれば、10回練習しても出来ない方もいます。

僕も不器用なので上手く出来ない歯痒さは、本当によく分かります。

回数を重ねれば、少しずつ必ず上手くなりますので、簡単なヘアアレンジから諦めずに頑張ってみてください。

②髪質に合わせて工夫する

ウィッグやモデルの方と、髪質や髪の状態が違うため、下準備やスタイリング剤などを変える必要があります。

例えば、

・軟毛、猫っ毛の下準備→根元を起こすように乾かし、コテ巻きしてボリュームを出す。

・硬毛、多毛の下準備→根元付近までスタイリング剤を付けてボリュームを抑える。

など。

その他にも前髪ありなしや、段が入っているかによっても工夫が必要です。

また色々なパターンを勉強することで、失敗が少なくなり応用が効くようになります。

ちなみにヘアアレンジに向いている方は、少しクセ毛で、髪の量がやや多め、前髪ありです。

③プロセスの重要なポイントを推測する

下準備もバッチリで、プロセス通りしても上手く出来ない場合は、重要なポイントが抜けているかも知れません。

角度は上げる?下げる?ゴムはキツめか?顔周りは膨らんでいないか?

などを確認しながら次に進んでください。

セルフの場合は合わせ鏡や、お友達などに見てもらってください。

④仕上がりの写真を残していない

仕上がりの写真を撮ることで、見本と比べたり、その改善点を次のヘアアレンジに活かすことが出来ます。

一緒の失敗を繰り返さない為にも、正面、横、後の写真を毎回撮影してみてください。

⑤理想が高い

最初からプロの美容師さんや、回数をこなしているインフルエンサーの方と、一緒のクオリティーを求めるのは難しいです。

最初から上手い人はいません!まずは自分の出来る範囲で大丈夫なので、2つ、3つ得意なヘアアレンジを作ってください。諦めずに繰り返すことで、少しずつ理想のヘアアレンジに近づくはずです。

最後に

以上になります。

まずは簡単なヘアアレンジで成功体験を作ることが大切です。

周りの反応が違えば、美意識が上がり髪をスタイリングするのが楽しくなるはずです。

ヘアアレンジやスタイリングは慣れるまで難しいし、時間も掛かると思うのですが、美容室帰りの綺麗な仕上がりをお家でも再現出来るように、僕の発信が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

目指せ瞬間美より継続美!

シェア

いいね

コンテンツへの感想