タイトル画像

How to

  • いいね

寝癖がつきやすくなる!『NG習慣3つ』

mizunotoshirouヘアアレンジ

ヘアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎日が楽しくなるヘアアレンジやヘアケア方法をご紹介しています。

お客様の多いお悩みに『寝癖』があります。

寝癖を直すために毎日アイロンして、ダメージを加速させてしまっている方も多くいらっしゃいます。

寝癖は少しの知識と、対策さえすれば最小限に抑えることが可能です。

今回は寝癖がつく原因と、つかないようにする対策を解説します。

これを読めば、忙しい朝に頑固な寝癖と格闘する生活にサヨナラできるかもしれません!

寝癖の基礎知識

寝癖がつく一番の原因は、髪に水分を含んだ状態で寝てしまうことです。

髪内部の『水素結合』によって、濡れた髪は形(寝癖)がつきやすくなります。

これをリセットするには、しっかり濡らして綺麗に乾かすしかありません。

ちなみにコテで巻いた時や、貧乏パーマ(三つ編みを外した後の状態。)で形が付く要因も、この水素結合になります。

寝癖がつく原因①

夜にしっかり乾かさずに寝てしまう

特に髪の多い方は、内側や耳後ろが半乾きの状態で、ドライヤーを終えてしまっています。

寝癖がつく原因②

ヘアケア不足、ダメージがある

ダメージした髪は、特性上髪に水分を大きく含んでしまい、水素結合の影響を受けやすくなります。

寝癖がつく原因③

髪が短い、量をすいている

寝癖は髪が短くなればなるほどつきやすくなります。

またカットの時に量を軽くし過ぎても、寝癖がつきやすくなります。

寝癖がつかないことだけを考えれば、ロングで重めがベストですが、乾かす時間は増えてしまいます。

好きな髪型にしても、夜に正しいヘアケアを行えば、ある程度寝癖は抑えれますので、参考程度に知識を持っておくと、ヘアスタイル選びで役立つと思います。

寝癖がつきにくいヘアケア方法

1.シャンプー後に目の粗いブラシでブラッシングします。

2.洗い流さないトリートメントをつけます。

3.内側、毛先の順番で完全に乾かします。

4.完全に乾かしてから、仕上げに冷風30秒程度当てる。

それでも寝癖がついてしまう方へ

寝汗や寝相などが原因で、それでも少なからず寝癖はついてしまうと思います。

そんな時に裏ワザが冷水ではなく、お湯で根元から濡らすことです。

お風呂の温度36〜39度ぐらいで大丈夫です。

水素結合の特性上、冷水よりお湯の方が形をしっかりリセットしてくれます。

またハネやうねりは根元が原因のことが多いので、根元からしっかり濡らすことも大切なポイントです。

全て濡らすと時間が掛かりますので、寝癖が付いている部分だけで大丈夫です。

最後に

以上になります。

最近ではナイトキャップを被る方も多いようですが、上手く被れば寝癖対策にも良いかもしれません

寝癖をアイロンで直す行為は、ダメージを加速させて、もっと寝癖が付きやすくなる悪循環になりますので、一度濡らしてから綺麗に乾かして直してくださいね。

アイロンは便利ですが、デザイン作る道具として活用しましょう!

動画にもまとめてます。

寝癖がつきやすくなる!『NG習慣3つ』動画

最後まで読んで頂きありがとうございました。

シェア

いいね

コンテンツへの感想