How to

脱!おばさん結び!やってしまいがちなポニーテールの失敗例3つ

mizunotoshirouヘアアレンジ

ヘアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

脱!おばさん結び!やってしまいがちなポニーテールの失敗例3つ

まずやってしまいがちなポニーテールの失敗例をお見せします。
失敗してしまうと老けて見られたり、疲れた印象に見られてしまいます。
そしてその失敗点を踏まえながら、印象が一気に良くなるポニーテールの作り方を解説します。

□失敗例
①おくれ毛が少ないor長い
少ないとこめかみが透けて見えて疲れた印象に。
長いと縦長の印象が強くなり、老けて見られることも。
②ベース作りが違う
パカっと分け目がついた状況だと、トップにボリュームが出ませんので、バランスが悪く見えます。
一直線にまとめるときつい印象になります。
③ゴムが太い&髪色と違う
髪色に合っていないゴムや太過ぎるゴムは、馴染みが悪くなります。

□ポニーテールの重要ポイント
①重要ポイント
おくれ毛を適量残します。
おくれ毛がない&長い場合は信頼できる担当美容師さんにカットしてもらってください。
おくれ毛はカットがかなり重要です。
②重要ポイント
分け目をなくして、頭の丸みに沿ってブラッシングしてください。
③重要ポイント
髪色と同じぐらいの明るさの細めのゴムを使います。髪の多い方は2重にしてください。

□もっと可愛くなるには
①ゴム隠し
ゴムを親指に引っ掛けて、毛束を巻きつけます。毛先をゴムに入れ込みます。
②ほぐし
後頭部に一番ボリュームを出して、ハチは控えめにほぐします。
③巻き
まず毛先をざっくりワンカール巻きます。
表面の髪を所々強く巻くと立体感が出ます。
おくれ毛は巻きすぎないように注意しましょう。
④ヘアアクセサリー
ヘアアクセサリーを使うならヘアカフ(ポニーフック)がオススメです。
裏の金具を差し込むだけで取り付けれるので、一つ持っておくと重宝します。

□最後に
以上になります。
ポニーテールはシンプルなヘアアレンジですので、少しのコツで劇的に印象が変わります。
自分でわからない方は、一度横からの写真を撮って『after』と比べて見てください。
改善点が見つかれば印象アップの大チャンスです!ぜひお試しください。

…続きを読む