How to

【ショート・ボブ向け】お家で出来る『セルフハーフアップ2選』

mizunotoshirouヘアアレンジ

ヘアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【ショート・ボブ向け】お家で出来る『セルフハーフアップ2選』

短い長さのショート・ボブでも出来る、お呼ばれハーフアップを2つ解説します。
お呼ばれの時に必要な『フォーマル感』をアップする簡単な方法も一緒にお教えします。

□プロセス
【カジュアルハーフアップ】
1.表面の髪を丸く取りゴムで留めます。
角度を下げることで、ハチの膨らみを防ぎます。
2.耳後ろから前の髪をロープ編みします。
顔周りが膨らまないように、後ろに引っ張りながらロープ編みしてください。
セルフの場合は、必ず鏡でバランスを確認しながら行なってください。
逆側をする時はクリップで留めておきます。
3.左右完成したら、くるりんぱの下にゴムで留めます。
ロープ編みはゆるみやすいので、注意してください。
4.ゴムのところにヘアアクセを付けます。
ヘアカフ(ポニーフック)がオススメです。
裏の金具をゴムに挿し込むだけで、簡単に装着出来ます。
5.おくれ毛を巻きます。何箇所かに分けて巻き、巻いた後は指ですぐにほぐすと、ラフな質感になります。
コテは26.5ミリ180度です。
6.全体のバランスを整えれば完成。
毛束を引き出してほぐす時は、間隔を空けながらほぐすと立体的になります。

【フェミニンハーフアップ】
1.表面の髪を三つ編みして、毛先をゴムで留めます。
角度を下げることでハチの膨らみを防ぎます。
2.ルーズにほぐします。
後頭部にボリュームを出して、三つ編みの両端の毛束を引き出します。
3.耳後ろから前の髪を、三つ編みの上でくるりんぱします。
最初の馴染むように、斜め後ろに向かってくるりんぱしてください。
4.毛先を三つ編みに入れ込みます。
動画ではアレンジスティックを使っていますが、指で入れ込んでも大丈夫です。
5.ゴムにヘアアクセを付けます。
毛先に付けるので、小さめのヘアカフ(ポニーフック)がオススメです。
6.全体のバランスを整えれば完成
三つ編みをほぐさないとかなり甘めのイメージになるので、ご自身のテイストに合わせてほぐし具合を変えてください。

【お呼ばれに役立つフォーマルポイントまとめ】
・分け目をなくしてトップにボリュームを出す
パカっと分け目がついている場合は、最初に分け目を濡らして、ドライヤーで乾かしてから始めてください。
・最初に軽く巻いて華やかさを出す
内巻きワンカールか、外ハネ巻きがオススメです。
・顔周りはまとめることでフォーマル感アップ
おくれ毛を少なくするとよりフォーマル感がアップします。

□最後に
今回使用したウィッグより短い方は、髪がポロポロなり難しいと思いますが、ヘアアレンジ前にヘアバームを馴染ませたり、ピンを使って補強するなどして対処してください。
短い長さの方もヘアアレンジやスタイリングに興味を持って頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

…続きを読む