How to

  • いいね

細毛&猫っ毛でも『ボリュームUPポニーテール』になるポイント5つ

mizunotoshirouヘアアレンジ

ヘアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

細毛、軟毛、猫っ毛の方でもボリュームUPするヘアアレンジのプロセスを解説します。
今回ポニーテールの解説ですが、どのヘアアレンジにも応用できます。
結婚式のお呼ばれや、普段の日のヘアアレンジまで、幅広いシーンに活用できますので、ぜひお役立てください。

□ボリュームUPヘアアレンジになるポイント5つ
①分け目を濡らして根元を擦りながら乾かす
②表面を所々巻く
③上下に分ける
④くるりんぱでボリュームUP
⑤ほぐしと巻きで立体的に

□プロセス
1.分け目を濡らして根元を指で擦りながら乾かします。分け目がパカッと割れた状態から始めるとトップにボリュームが出ません。
2.表面を所々コテで巻きます。6箇所ぐらいを目安に巻いてください。
火傷に注意しながら、根元付近まで巻いてください。
コテのサイズはショートからボブは26ミリ、ミディアムからロングは32ミリがオススメです。
3.耳上の辺りで上下に分けます。
1つでまとめるより、上下に分けることでボリュームが出しやすくなります。
4.おくれ毛を残して、上の髪をゴムで留めます。口ぐらいの位置が目安です。
5.下の髪をゴムの上で※くるりんぱします。
※くるりんぱとは…ゴムの上から毛束を通す技法で、ピンを使わなくても簡単に毛束をまとめることが出来ます。
くるりんぱすることでねじれが加わり、ボリュームUPします。
6.表面の毛束を引き出します。
間隔を空けながらほぐすのが立体的になるポイントです。表面を巻いているので、簡単にボリュームが出ます。後頭部に一番ボリュームを出してください。
7.毛先とおくれ毛を巻きます。
表面の毛束を細めに取り、持ち上げて巻いてください。
巻いた後にすぐに指でぼぐすと、柔らかい質感になります。おくれ毛は巻き過ぎると老けて見えるので注意しましょう。
8.ヘアアクセサリーを付けて完成です。
ゴムアクセかポニーフックがオススメです。

□最後に
細毛、軟毛、猫っ毛の方のヘアアレンジは下準備が大切になります。
朝は必ず一度分け目付近を濡らして、しっかり乾かしてから始めてください。
定期的に役立つ動画を更新しますので、フォローして頂けると嬉しいです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想