How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

梅雨時期必見!長持ちする正しいストレートアイロンの使い方

mizunotoshirouヘアアレンジ

ヘアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

梅雨時期必見!長持ちする正しいストレートアイロンの使い方

梅雨の時期必見の、艶々ストレートヘアになる、ストレートアイロンの正しい使い方を解説します。
セルフでの手の使い方も解説しますので、参考にして頂けると嬉しいです。

□プロセス
1.まずはダメージから髪を守る為に、シャンプー、トリートメント後に洗い流さないトリートメントをつけて完全に乾かします。
2.根元から綺麗にブラッシングします。
目の粗いブラシがオススメです。
3.耳辺りで前と後ろに分けます。
4.前の髪をアイロンします。毛先を指で引っ張りアイロンを通します。
ダメージ具合やクセを確認しながら、根元、中間はゆっくり、毛先は素早くアイロンします。
クセが強い、ダメージ少→ゆっくり、温度高め(160〜180度)
クセが弱い、ダメージ大→素早く、温度低め(140〜160度)
5.後ろの髪をアイロンします。上下でわけると、綺麗にアイロンできます。
襟足の髪は絡まりやすいので、手ぐしを通しておきます。絡まりないのを確認してからアイロンを通します。
髪を前に持って来ると手が疲れません。
6.逆側も同じく。左右同じ角度になるように、鏡で確認しながらアイロンします。
7.ヘアオイルを使って保湿します。適量を手の平に伸ばして、内側→毛先→表面→顔周りの順で馴染ませます。
前髪は細かくつまむようにつけると、お洒落なシースルーバングになります。

□最後に
朝は忙しいと思いますので、夜のシャンプー後に少し時間をかけてブローしておくと、朝のアイロンの時間が減り、ダメージ軽減につながります。
オイルをつけてからのヘアアイロンは絶対にダメです。濡れた髪につけて完全に乾かしてください。その後アイロンしてから、仕上げに馴染ませてください。
定期的に役立つ動画を更新しますので、フォローして頂けると嬉しいです。ありがとうございました。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。