タイトル画像

【さいたま市浦和区】浦和で発見! 暑い夏に〇 「氷点下の三ツ矢サイダー」

mamie

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市浦和区・緑区)のmamieです。今回は、浦和で見つけた「氷点下自販機」と「氷点下の三ツ矢サイダー」を紹介します♪

「氷点下の三ツ矢サイダー」をご存知ですか? 「氷点下の三ツ矢サイダー」とは、-5の冷却機能を兼ね備えた自動販売機(通称:「氷点下自販機」)でしか実現することのできないキンキンの冷たさとシュワシュワな炭酸感を楽しむことのできる「三ツ矢サイダー」のことをいうそうです。

こちらを紹介する「アサヒ飲料」のホームページには、全国の取扱い場所一覧(設置場所)が掲載されています。ここを見ると、埼玉県の表記がありませんでしたが、なんと、「氷点下自販機」を浦和で発見しました!

それがこちら。「氷点下の三ツ矢サイダー」推しの自動販売機となっていました(*'▽')

設置されている場所はこちら。「浦和セブンビル」の1階です。

「氷点下自販機」の目の前(道路を挟んだ向かい側)には、「コミュニティプラザ・コルソ」(通称:「浦和コルソ」)が見えました。

ペットボトルキャップを開けると、シャーベットのようにシャリシャリになる場合があります、と書かれていました。これをフリージング現象というそうです(*´ω`)尚、外気温や環境によってこの現象が起きないこともあるため、絶対にシャリシャリになるというわけではないそうです。このフリージング現象は過冷却を利用したものなので、夏休みのお子さまの自由研究にも一役買いそうですね♪ 

現象を写真に収めたかったので、主人に「氷点下の三ツ矢サイダー」を持ってもらっています。
現象を写真に収めたかったので、主人に「氷点下の三ツ矢サイダー」を持ってもらっています。

早速買って、試してみました。キャップを開けるとすぐに、下の方の色が白っぽく変わりはじめ…

どんどんシャーベット状に変化していきました! 見事、フリージング現象を楽しむことができました。いただいてみると、シャリシャリ食感な上に、キンキンに冷えている影響もあるのか通常の自動販売機の「三ツ矢サイダー」より炭酸が強めに感じられました☆ 浦和駅周辺を訪れた際は、「氷点下自販機」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか? 尚、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、マスクの着用などに配慮をお願いします。

「氷点下自販機」

住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂2-7-7

備考:アサヒ飲料のホームページによると、20:00~翌日8:00は販売をしていませんと書かれていたので、その点お気をつけください。

公式サイト:アサヒ飲料(ホームページ)

シェア

いいね

コンテンツへの感想