タイトル画像

【さいたま市浦和区・緑区】SNSでも話題の「チロルチョコパン」を買えるのは、あのコンビニ!

mamie

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市浦和区・緑区)のmamieです。今回は、「あたなと、コンビに、」でおなじみのファミリーマートで10月12日より販売開始となったSNSでも話題の新商品を紹介します♪

2021年10月12日(火)からファミリーマートで順次販売開始となった新商品、「チロルチョコパン(ミルクチョコ)」税込130円と「チロルチョコパン(きなこもち)」税込130円はもう食べられましたか?

2006年3月に、はじめての「チロルチョコパン」を販売して以降、複数回に渡ってコラボ商品を展開してきたファミリーマート。今回は、歴代の「チロルチョコパン」の中でも復活を期待する声の大きかった2点(「チロルチョコパン(ミルクチョコ)」と「チロルチョコパン(きなこもち)」)の製法や材料を見直し、より再現度を高めての販売となったようです(´ω`*)

「生クリーム入りホワイトチョコクリーム」に使用する生クリームの配合量を増量するなど、これまで以上にミルク感を強めることで、「チロルチョコ(ミルク)」の味の再現性を高めた商品となっているようです。尚、こちらのパンの製造は敷島製パン株式会社です。

開封してみると、「チロルチョコ(ミルク)」をイメージした四角いフォルムのパンがあらわれました。パン生地にもチョコが練りこまれており、ブラウンカラーのパンとなっていました。

カットしてみると、「生クリーム入りホワイトチョコクリーム」と「チョコクリーム」の綺麗な層を見ることができました♪ 食べてみると、チロルチョコ(ミルク)のようにミルク感強めなチョコの味わいを楽しむことができました( *´艸`)

「きなこチョコクリーム」と「きなこクリーム」の2種類のきなこクリームと「ぎゅうひ」を使用し、前回販売時よりもきなこの香ばしさをアップさせたそうです。尚、こちらのパンの製造は山崎製パン株式会社です。

こちらはきなこ風味のパン生地となっているそうで、「チロルチョコ(きなこもち)」をイメージして、上側が黄色きなこのようなベージュ色で、下側が白っぽい色合いとなっていました。

こちらもカットしてみると、「ぎゅうひ」や「きなこクリーム」の姿が(*´▽`*) 食べてみると、「ぎゅうひ」とパン生地のきなこ風味がとてもいい仕事をしていて、「これはお餅?!」なチロルチョコ(きなこもち)の味わいをまさかのパンで味わうことができました! 既に売り切れとなっている場合や、取り扱いのない店舗もあるようですが、ファミリーマートに行く予定のある方は、よかったらチェックしてみてください♪ 尚、お店へ買いに行かれる際は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、マスクの着用や入店時の手指の消毒などに配慮をお願いします。

また、ファミリーマートでは2021年10月19日(火)より、新しいプライベートブランド「ファミマル」の展開を始めるそうです。こちらも併せてチェックしてみてはいかがでしょうか?

「ファミリーマート」

☆ 公式サイト:ファミリーマート(ホームページ)

☆ 店舗検索:さいたま市浦和区の店舗検索18店舗(ホームページ)/さいたま市緑区の店舗検索13店舗(ホームページ)

☆ 公式SNS:ファミリーマート @ 10.19 ファミマルはじまる。(Twitter)/ファミリーマート FamilyMart(Instagram)/FamilyMart ファミリーマート(Facebook)

☆ 公式動画配信:familymart(YouTube)

シェア

いいね

コンテンツへの感想