タイトル画像

【さいたま市緑区】JR東浦和駅前ロータリーの竜の石像をご存知ですか?

mamie

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市浦和区・緑区)のmamieです。今回は、さいたま市の「竜神伝説」にまつわるスポットを紹介します。

さいたま市に伝わる「竜神伝説」。これに関連した竜神の頭部の石像がさいたま市緑区に設置されています。

中々インパクトのある石造が設置されている場所は、JR東浦和駅前ロータリーになります。

石造の下には、浦和東ロータリークラブの創立40周年記念事業として建てられた旨が書かれていました。石造の名前は、「見沼の竜神」です。

「竜神伝説」が残るスポットを記した地図も書かれていました。紹介されている場所は19箇所になります。

尚、こちらは、以前紹介した「浦和くらしの博物館民家園」の奥に設置されているボードと同じものになります。ボードも浦和東ロータリークラブの40周年記念事業で設置されたものなので、同時期に造られたものと思われます。

石造なので、少し読みにくいかもしれませんが、さいたま市緑区の「厳島神社」に伝わる「美女と馬子」の話が書かれていました!

馬子(馬をひいて人や荷物を運ぶことを職業とした人)に、「馬に乗せて欲しい」と頼む美しい娘。馬子が娘を馬に乗せると、娘はお礼に「小箱」を渡す。「この小箱は決して開けてはなりません。」との言葉とともに。馬子は主人に小箱を渡し、言づけを伝える。すると、その家は何をやっても成功し、みるみるうちに大いに栄える。しかしある日、主人が「小箱」を開けてしまうと、何をやっても失敗続きとなり、家は衰退の一途を辿ってしまう。気になるその「小箱」の中に入っていたのは「竜の鱗」であった。

さいたま市にはこのような「竜神伝説」が今も言い伝えられているだけでも17~19程あると言われています(*'▽') JR東浦和駅前ロータリーに建てられた「見沼の竜神」は、それを記した石造となります。

また、ロータリーには、さいたま市緑区の文化財の案内版も設置されています。天気のよい日、ステイホームの運動不足解消も兼ねて、東浦和のまちや「竜神伝説」や「文化財」巡りをしてみるのはいかがでしょうか? 尚、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、会話をする際などはマスクを着用するなどの配慮をお願いします。

JR東浦和駅

☆ 住所:埼玉県さいたま市緑区東浦和1-23-2

シェア

いいね

コンテンツへの感想