タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【さいたま市浦和区・緑区】ミニストップのあの「バケツポテト」が通常メニューに登場!

mamie

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市浦和区・緑区)のmamieです。

コンビニエンスストアのミニストップで販売されているX型カットが特徴の1つでもある「Xフライドポテト」(エックスフライドポテト)をご存知ですか?

「Xフライドポテト」税込213円(※ お持ち帰りの軽減税率8%の価格)はレジ横カウンターケースで販売されている商品の1つです。実はこちらの商品は、2004年に販売が開始されて以来、不動の人気No.1商品となっているそうです(*'▽') 尚、「トマトケチャップ」は別売りで、税込20円(※ お持ち帰りの軽減税率8%の価格)となっていますので、「トマトケチャップ」につけて食べたい場合は別途お買い求めください。

そして、過去に期間限定で販売されたことのある「バケツポテト」税込641円(※ お持ち帰りの軽減税率8%の価格)は、その見た目のインパクトや楽しさ等から反響のあった商品となっているそうです(*^^*) この度、その「バケツポテト」が通常メニューとして追加されるとの発表がミニストップよりありました。

バケツポテト

「Xフライドポテト」3個分の量のポテトが入った「バケツポテト」。原料のじゃがいもは、日本では珍しいドイツを主とする欧州産のアグリア種を使用。黄色味や、フライドポテトにするとクリーミーにも感じられるのがこのじゃがいもの特徴です。

☆ 価格:税込641円(※ お持ち帰りの軽減税率8%の価格)

☆ 発売日:2022年1月14日(金)

☆ 販売地区:全国(2021年12月末現在:1,945店舗)

早速1月14日に行って買ってきました♪ 「バケツポテト」の容器は手のひらを広げると、片手で持てるサイズ感ではありますが、「Xフライドポテト」の3倍量が入っているため、片手で持つとずっしりとした重さを感じました。自宅でDVD鑑賞やドラマなどを楽しみながら1人で食べるもよし、家族などとシェアして食べるもよしな「バケツポテト」。じゃがいもの甘さも感じられるクセになる味わいと食感のポテトに仕上がっていました。気になる方はぜひチェックしてみてください( *´艸`)

尚、お店を利用される際は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、マスクの着用や入店時の手指の消毒などに配慮をお願いします。

さいたま市浦和区・緑区のミニストップの店舗

☆ 浦和区:浦和木崎店北浦和西口店北浦和東口店

☆ 緑区:さいたま宮本店東浦和店

☆ 公式サイト:ミニストップ(ホームページ)

☆ 公式SNS:ミニストップ公式アカウント(Twitter)/ミニストップ(Instagram)/ミニストップ MINISTOP(Faccebook)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想