タイトル画像

AQUOS sense5Gをレビュー!低価格なのに全部入りのコスパ5Gスマホ!

モバイルドットコムTV

ガジェットYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

そろそろ5Gスマートフォンが欲しい、でも何を購入したら良いのか分からない。そんな人は、これをぜひ読んでほしい。

シャープ株式会社が手掛ける低価格5G対応スマートフォン「AQUOS sense5G(アクオスセンスファイブジー)」。大画面5.8インチIGZOディスプレイ、快適動作を実現したCPU「Snapdragon 690 5G」採用、万能なトリプルカメラ搭載、安定した長持ちバッテリー、防水防塵やおサイフケータイにまで対応している一台だ。

キャリアモデルの販売価格は、ドコモが39,600円(税込)、auが39,890円(税込)、ソフトバンクが43,200円(税込)となっている。

私達が普段生活する上で欲しい仕様と機能を全て備えつつ、価格を抑えた魅力的な5Gスマートフォンである。今回は、実際に「AQUOS sense5G」はどうなのか正直にレビューしていく。

AQUOS sense5Gをレビュー!低価格なのに全部入りのコスパ5Gスマホ

「AQUOS sense5G」は5.8インチIGZOディスプレイ採用で、解像度はフルHD+(1,080×2,280)。液晶テレビAQUOSで培った高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」対応で、より自然かつ正確な色味を再現してくれる。また、「AQUOS sense4」では非対応のHDR10コンテンツの動画再生に対応しているのも魅力的だ。

ディスプレイ上部には水滴ノッチを備え、下部には指紋認証センサーを搭載。旧モデルであるAQUOS sense3よりもベゼル部分は狭くなり、画面占有率が向上したことで今までよりも画面を広く使えるようになっている。

右側面には、「音量ボタン」、「Googleアシスタントボタン」、「電源ボタン」
右側面には、「音量ボタン」、「Googleアシスタントボタン」、「電源ボタン」

左側面には、「SIMスロット」
左側面には、「SIMスロット」

下部側面に「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「モノラルスピーカー」
下部側面に「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「モノラルスピーカー」

上部側面には、「イヤホンジャック」、「マイク」
上部側面には、「イヤホンジャック」、「マイク」

背面と側面にはアルミ素材を採用しており、一体感ある仕上がりになっている。触り心地はマットな質感でサラサラしていて、指紋が付きにくいのも嬉しいポイントだ。

本体サイズは、約148mm×約71mm×約8.9mm、重さは約178g。大容量4570mAhバッテリー搭載で、1日は安心して使える電池持ちを実現している。片手操作しやすいサイズ感ながら、見やすい5.8インチの大画面を備え、バッテリー持ちも良いので、日常使いには最適な一台だろう。

「AQUOS sense5G」は、アウトカメラに様々なシーンに対応できるトリプルカメラを搭載。構成は、1200万画素でF値2.0の標準レンズ、1200万画素でF値2.4超広角レンズ、800万画素でF値2.4の望遠レンズとなっている。

インカメラは、800万画素でF値2.0の標準レンズを採用。「AQUOS sense5G」のカメラで撮影した作例は以下のとおりだ。

AQUOS sense5Gの標準レンズで撮影した写真

AQUOS sense3の標準レンズで撮影した写真

AQUOS sense5Gの超広角レンズで撮影した写真

AQUOS sense3の超広角レンズで撮影した写真

AQUOS sense5Gの望遠レンズ(光学2倍)で撮影した写真

AQUOS sense5Gのデジタルズーム最大16倍で撮影した写真

旧モデルであるAQUOS sense3と比較して、明るく鮮明に撮影ができるようになっている。AIによる補正を自動で行ってくれるので、難しい操作をすることなく被写体にカメラを向けてシャッターボタンを押すだけで十分綺麗に撮れるのが魅力だ。また、望遠レンズを搭載したことで遠くにある被写体にもグッと寄って撮影できるので、近づくと動いてしまう動物撮影などにも重宝するカメラとなっている。

AQUOS sense5Gの標準レンズで撮影した暗所・夜景写真

AQUOS sense3の標準レンズで撮影した暗所・夜景写真

暗所・夜景については、やや物足りない印象。撮影時には、手ブレしやすいので注意が必要だ。とはいえ、AQUOS sense3よりも格段に明るく撮れるようになっている。わずか一年で、ここまでカメラを強化してきたのには驚かされる。また、価格帯を考えれば満足度も高い。

続いて、CPUについて。国内モデルとしては、初の「Snapdragon 690 5G」を搭載した。これまでのSnapdragon 600番台シリーズとは思えない程に快適な動作レスポンスで、電話やメール、ネット検索はもちろん、ある程度のゲームも問題なく楽しめる。メモリ(RAM)は4GB、ストレージ容量(ROM)は64GBを搭載。microSDカードにも対応しているので、柔軟な使い方ができる一台だ。

この他に「AQUOS sense5G」は、IP68防水防塵や耐衝撃、指紋認証・顔認証、おサイフケータイ、さらに次世代通信規格"5G"にも対応している低価格ながらも全部入りの一台となっている。

AQUOS sense5Gは実際どうだったのか、結局おすすめなのか?

「AQUOS sense5G」は低価格ながら充実した仕様や機能を備えているので、これから5Gスマートフォンを手に取りたい人や、多くのライトユーザーに安心しておすすめできる一台だ。

見やすい画面サイズに安定した動作レスポンス、様々なシーンに対応できるトリプルカメラ、大容量の長持ちバッテリーに加え、安心のIP68防水防塵・耐衝撃&おサイフケータイにまで対応して価格は約4万円。おそらく多くのライトユーザーが求めるものは、この一台に凝縮されている。

もし低価格の5Gスマートフォンでどれにしようか迷った際は、国内ユーザーのニーズにしっかり応えてくれているこの「AQUOS sense5G」を一度チェックしてみてはいかがだろうか。

より詳細な使用感などはブログ・YouTube動画にて紹介しています。

【レビュー記事】

AQUOS sense5G 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

【YouTube動画】

シェア

いいね

コンテンツへの感想