タイトル画像

Redmi Note 9Tをレビュー!Xiaomi初のおサイフケータイ対応コスパ5Gスマホ

モバイルドットコムTV

ガジェットYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いよいよ5G対応スマートフォンを低価格で買える時代がやってきました。

2021年2月26日にソフトバンクから発売した「Redmi Note 9T(レッドミーノートナインティー)」。見やすい大画面6.53インチ(液晶)、快適動作のCPU「Dimensity 800U」を採用、トリプルカメラ搭載、おサイフケータイまで対応して、価格は21,600円(税込)となっています。

5G対応スマートフォン=高いという常識を覆した魅力的な5Gスマートフォンです。今回は、実際に「Redmi Note 9T」はどうなのか正直にレビューしていきます。

Redmi Note 9Tを実機レビュー!

「Redmi Note 9T」は、約6.53インチ液晶ディスプレイ採用、解像度はフルHD+(2340×1080)。画面左上にパンチホール型インカメラを搭載、物理ボタンはなく、画面を広く利用できるので動画鑑賞やゲームも快適です。

背面デザインも特徴的で、メッシュのような触り心地になっています。角度によって色の見え方が変わるのも魅力です。

CPUには、国内初となる「Dimensity 800U」を採用しています。気になる動作については、想像以上に快適で驚かされました。アプリの切り替えや起動、スクロールなどライトユーザーであればまず不満に感じることはないでしょう。

メモリ(RAM)は4GB、ストレージ容量(ROM)は64GBを採用。microSDカードにも対応しているので、ストレージ容量の少なさをカバーすることも可能です。

大容量5000mAhバッテリーを搭載し、持ちも良いため、安心して1日中使うことができます。本体サイズは、約162mm×約77mm×約9.1mm、重さは約200g。本体は大きくやや重いので、可能であれば実機に触れて自分に合っているかどうかを確認するのがおすすめです。

「Redmi Note 9T」は、Xiaomi(シャオミ)製のスマートフォンでは初となるおサイフケータイ対応。背面に、フェリカマークもしっかり刻まれています。

「Redmi Note 9T」は、4800万画素を含むトリプルカメラを搭載。構成は、4800万画素でF値1.79の標準レンズ、200万画素でF値2.4のマクロレンズ、200万画素でF値2.4の深度測位レンズの3眼です。日中や光量のある場面であればある程度の撮影は可能で、思い出を記録するには十分でしょう。

Redmi Note 9Tは実際どうだったのか、結局おすすめなのか?

「Redmi Note 9T」は驚きの低価格ながら充実した仕様や機能を備えています。

ゲームや動画鑑賞にも最適な大画面、快適な動作レスポンス、1日はしっかり使えるバッテリー持ちに加え、便利な"おサイフケータイ"にまで対応して、価格は約2万円。

キャリアモデルとしては異例の安さを誇る一台。もし低価格でコスパに優れた5Gスマートフォンをほしい人は、この「Redmi Note 9T」を一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

より詳細な使用感などはブログ・YouTube動画にて紹介しています。

【レビュー記事】

Redmi Note 9T 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

【YouTube動画】

シェア

いいね

コンテンツへの感想