タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

AQUOS sense4をレビュー!4万円以下なのに欲しい機能・仕様は全部入りコスパ4Gスマホ

モバイルドットコムTV

ガジェットYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今、低価格で全部入りの4Gスマホを欲しい方におすすめしたいのが「AQUOS sense4」です。

「AQUOS sense4」は、2020年11月6日にドコモから発売開始。使いやすい約5.8インチIGZOディスプレイ、快適動作を実現したCPU「Snapdragon 720G」を採用、望遠レンズを含むトリプルカメラ搭載、安心の防水防塵や耐衝撃、おサイフケータイまで備えて、価格は37,224円(税込)となっています。

シャープが発売した歴代「AQUOS sense」シリーズの中でも完成度が高く、低価格なコスパ4Gスマホを探している人は一度チェックしてほしい一台です。今回は、実際に「AQUOS sense4」はどうなのか正直にレビューしていきます。

AQUOS sense4をレビュー!4万円以下なのに欲しい機能・仕様は全部入り

「AQUOS sense4」は約5.8インチIGZOディスプレイ採用、解像度はフルHD+(2280×1080)。画面上部に水滴型ノッチを備え、下部に指紋認証センサーを搭載しています。

従来モデルであるAQUOS sense3よりもベゼルが大幅に狭くなったことで、液晶表示部はより広く見やすくなり、操作もしやすくなりました。

背面デザインは、引き続き質感の良いアルミ素材を採用。サラサラとした触り心地で、手に馴染みやすいです。背面と側面が一体化した構造なので、統一感もありデザインの美しさも楽しめます。

ドコモ版のカラーラインナップは、ライトカッパー、ブラック、シルバー、ライトブルー、レッド、ブルー、イエローの合計7色展開。カラーバリエーションが豊富で、自分好みな一台を選びやすいのは魅力的です。

左はAQUOS sense4、右はAQUOS sense3
左はAQUOS sense4、右はAQUOS sense3

CPUには、高性能かつ省電力な「Snapdragon 720G」を採用。肝心の動作については、アプリの切り替えや起動、スクロールなどを含め十分快適です。電話やメール、Web検索を中心に使うライトユーザーなら不満が出ることはないでしょう。

また、「AQUOS sense4」は比較的重い3Dゲームも楽しむことが可能です。空き時間に遊ぶ程度であれば、ポケモンGOやPUBGモバイルなどもAQUOS sense4の標準オート撮影AQUOS sense4の超広角オート撮影AQUOS sense4の望遠光学2倍オート撮影十分楽しむことができます。

メモリ(RAM)は4GB、ストレージ容量(ROM)は64GBを採用。microSDカードにも対応しており、ストレージ容量の少なさをカバーすることが可能です。

大容量4,570mAhバッテリーを搭載しており、安心したバッテリー持ちを実現。動画やSNSを中心に使っても朝から晩までしっかり利用可能で、ライトユーザーであれば1日は余裕で持つ安心感あるバッテリー持ちです。

本体サイズは、約148mm×約71mm×約8.9mm、重さは約177g。従来モデルよりもわずかに大きく、重くなりましたが、日常使いに不満が出るほどではありませんでした。このあたりは、好みもあると思うので、ぜひ一度実機に触れてみるのがおすすめです。

「AQUOS sense4」は、様々なシーンに対応できるトリプルカメラを搭載。構成は、1200万画素でF値2.0の標準レンズ、1200万画素でF値2.4の超広角レンズ、800万画素でF値2.4の望遠レンズの3眼です。

▼AQUOS sense4のカメラ作例

AQUOS sense4の標準オート撮影
AQUOS sense4の標準オート撮影

AQUOS sense4の標準オート撮影
AQUOS sense4の標準オート撮影

標準レンズは従来モデルよりも明るく、ハッキリとしたディテールで撮影可能になりました。日中や光量のある場面であれば、思い出を記録するには十分でしょう。

AQUOS sense4の超広角オート撮影
AQUOS sense4の超広角オート撮影

超広角レンズは、一度に広範囲を撮れるのでグループ撮影時にも役立ちます。

AQUOS sense4の望遠光学2倍オート撮影
AQUOS sense4の望遠光学2倍オート撮影

AQUOS sense4の望遠光学2倍オート撮影
AQUOS sense4の望遠光学2倍オート撮影

低価格ながら望遠レンズまで備えており、被写体との距離がある場面でもサッと寄って撮影できるのは魅力的でした。

AQUOS sense4の標準オート撮影
AQUOS sense4の標準オート撮影

暗所・夜景撮影においても、従来モデルより格段に明るく撮れるようになっています。ただし、暗所・夜景に強いわけではなく手ブレしやすく、やや粗さが目立つ場面も多い印象です。夜間での撮影を多くしたい方は注意しましょう。

この他に、安心のIP68防水防塵やMIL規格に準拠する耐衝撃にも対応。アルコール除菌シートで拭いても大丈夫なので、衛生面にも配慮された今の時代にマッチする一台です。

また、電子決済サービスを利用できるおサイフケータイにも対応。発売から2年間最大2回のOSアップデートも保証されているので、一度購入すれば長く安心して利用することができるのも嬉しいポイントです。

AQUOS sense4は実際どうだったのか、結局おすすめなのか?

「AQUOS sense4」は、間違いなくAQUOS senseシリーズの最高傑作と言える一台でしょう。低価格なのに、欲しい機能や仕様が全部入りなので、安心して万人におすすめできます。

日常使いにちょうど良いサイズ感、安定した動作レスポンス、1日は余裕で使える安心のバッテリー持ち、防水防塵&耐衝撃やおサイフケータイまで対応して、価格は4万円以下。

もし低価格で全部入りのコスパに優れた一台を探している人は、この「AQUOS sense4」を一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

より詳細な使用感などはブログ・YouTube動画にて紹介しています。

【レビュー記事】

AQUOS sense4 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

【YouTube動画】

シェア

いいね

コンテンツへの感想