タイトル画像

【春日井市】2000年前の古代ハスが咲く公園。三ツ又ふれあい公園では、大賀ハスが楽しめます。

Moga

地域ニュースサイト号外NETライター(春日井市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

春日井市東野町にある「三ツ又ふれあい公園」は、朝宮公園と落合公園をつなぐ、ふれあい緑道の中間にあります。

三ツ又ふれあい公園
三ツ又ふれあい公園

緑豊かな公園の横には川があり、そばには2000年前の古代ハス「大賀ハス」の咲く池があります。

ハスの池
ハスの池

池では、毎年6月下旬から大きなピンク色の花が咲き始め7月には見頃を迎えます。「三ツ又ふれあい公園」は春日井市の有名なハスのスポットとして知られており、この時期はカメラを持った人が多く訪れます。

2021年6月撮影 ハスのつぼみ
2021年6月撮影 ハスのつぼみ

2021年6月下旬に公園に行きましたが、まだ早かったのか、花は2つだけ。多くは蕾でした。2年前に見た時よりも、全体的に池のハスが少ないと感じましたが、蕾がしっかりとできており7月にはきれいな花が見られそうです。

チョウトンボ
チョウトンボ

ハグロトンボ
ハグロトンボ

ハスの上にはたくさんのトンボも飛んでおり、素敵な自然の風景にとても癒されます。

ハスの花は早朝に咲きますが、トンボの写真を撮りたい時は夕方に来るのがオススメだと、池の常連さんが教えてくれました。池は地元の方が長年管理されているそうで、ハスが咲いていなくても楽しめるようにと池の周りにはいろいろな種類のお花も植えているようです。

この時期は紫陽花が咲いており、種類も株ごとに違っていました。緑の中に咲くカラフルな紫陽花も綺麗です。

「大賀ハス」の由来
「大賀ハス」の由来

7月になり見頃を迎える「大賀ハス」をぜひ見に行ってみませんか。

「三ツ又ふれあい公園」の駐車場は9時に開きます。駐車場は数台しかないので、車がいっぱいで駐車できない時もあります。大きな公園に駐車をし、ふれあい緑道をお散歩しながら池まで行くのがいいかもしれません。

三ツ又ふれあい公園 
住所:春日井市東野町西1丁目 
利用時間:午前9時から午後5時 
閉鎖日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその直後の休日でない日)、年末年始

シェア

いいね

コンテンツへの感想