タイトル画像

How to

  • いいね

はじめての幼稚園・保育園のお弁当 知ってると便利なコツや詰め方

momo

キャラ料理研究家・フードクリエーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

この春からお弁当作りがはじまり、初めての幼稚園、保育園の小さなお弁当箱は想像以上に小さくて作るのが難しいと感じる方が多いと思います。
今回は初めての幼稚園・保育園弁当の詰め方やコツをご紹介します。

おにぎり

おにぎりの大きさは40~50gと小さなお子さんでも持ちやすい大きさで。

よく一口サイズがおすすめとされていますが、おにぎりをいくつも作るのは手間がかかるので2~3個の小さなおにぎりがおすすめです。

また幼稚園や保育園では決まった時間内でママやパパと離れて初めて一人でごはんを食べるので、いつもの量より少なめにするのもポイントです。

おかず

おかずは一口でパクっと食べられるものがおすすめ。大きなおかずはカットして入れましょう。

まずは「全部食べられた!」という満足感を感じられるよう、完食することを目標にお子さんの好きな物を中心に入れ、お弁当に慣れて来たら少しずつ量を増やしたり苦手な物にもチャレンジしてみてください。

お肉は冷めるとかたくなるので、ハンバーグには豆腐を混ぜたり、肉巻きのお肉はしゃぶしゃぶ用の物を使用したりと食べやすい工夫も大切です。お弁当に慣れて来たら、かたいおかずも入れてかむ練習も出来るようにしましょう。

また全てのおかずを朝に作るのは負担になるので、1品は夕食のおかずをお弁当にスライド出来る物にすると便利です。今回はナスの甘辛煮を残しておき、朝はチーズを乗せてオーブントースターで焼きました。

赤、黄、緑を意識して目にも美味しいお弁当を心掛けましょう。足りない色はおかずカップやピックで色をプラスすると簡単ですよ。

詰めます

お弁当箱に詰める順番は大きな物から。

おにぎりは熱々のごはんにお好みの具材を入れてふんわりと軽く握り、粗熱が取れてからお弁当箱に詰めます
おにぎりは冷めるとごはん粒同士がくっつき崩れ難くなるのでふんわりで大丈夫!
ぎゅうぎゅう力いっぱいに握ってしまうと冷めた時にかたくなるので注意してくださいね。

次に面積の大きなおかず、しゃぶしゃぶ肉で巻いた長芋の肉巻きです。

人参やさやいんげんよりも歯切れが良く食べやすいですよ。
仕切りにはワックスペーパーを使っています。百均でもかわいいワックスペーパーがそろっているので活用しています。

続いて卵焼き。

肉巻きが地味色おかずなので彩りの良い卵焼きを隣に詰めました。卵焼きは断面が見えるように詰めると美味しそうに見えます。

続いてなすの甘辛チーズ焼き。

こちらもワックスペーパーをおにぎりとの間に挟んで味がうつらないようにしています。
卵焼きの隣でも良かったのですが、スペースがぴったりだったので右スペースに。

お弁当の便利食材、ミニトマト。
洗うだけで彩りの1品になり便利なので常備しています。

こちらも彩り、すきま埋めに便利なスナップエンドウ。

ゆでた水分が残ると傷みやすいため、開くかカットしてキッチンペーパーでしっかり水分を取りましょう。

仕上げにおにぎりにはお顔を付けてみました。

目はダイソーののり用パンチ、髪と口は百均の眉ばさみをのり用にして切っています。口は刻みのりを使うとさらに簡単ですよ。

ほっぺは梅干しをちょこんと貼り付けてニコニコおにぎりの完成!

こんな風にお顔を付けるだけで喜んでくれるお子さんが多いと思います。ただ逆にお顔が付いているおにぎりはかわいそうで食べられないというお子さんもいますので好みに合わせて作ってみてくださいね。

お子さんのお弁当タイムが楽しい時間となりますように!

レシピ・文 momo 
Instagram: momokyaraben

シェア

いいね

コンテンツへの感想