How to

【ひな祭りレシピ】お雛様のちらし寿司 桃の節句の華やかお祝いワンプレート 

momo

キャラ料理研究家・フードクリエーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

もうすぐひな祭りですね。
ちらし寿司で作る可愛いお雛様を紹介します。

お雛様の着物はサーモンのお刺身、お内裏様の着物は大葉で作ります。
お魚が苦手なお子さんは生ハム、大葉が苦手なお子さんは海苔でも出来ますよ。

周囲にはお刺身をくるくる巻いて桃の花をイメージして飾りました。

【材料】
[酢飯]
ごはん 150g
酢 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
塩 少々

[薄焼き卵]
卵 1個
砂糖 小さじ1
塩 少々

海苔 少々
桜でんぶ 少々

サーモン刺身 適量
大葉 2枚

柚子の皮 少々

[お好みの具材]
まぐろ
いくら
スナップエンドウ

【作り方】
1.酢に砂糖、塩を加えてよく混ぜすし酢を作る。
2.ごはんにすし酢を混ぜ酢飯を作る。
3.酢飯を2等分し、ラップに包み形を作る。三角おにぎりに近い形で顔と体の境目を少しくびれさせる。
4.海苔を2枚重ねて切り髪のパーツを作る。
5.作った髪パーツをごはんに貼りラップをして馴染ませる。
6.お雛様にはサーモンの刺身、お内裏様には大葉を着物のように巻きラップをかけて落ち着かせる。
7.【薄焼き卵を作る】卵を溶き砂糖、塩を加えて白身を切るようによく混ぜ茶こしでこす。
8.フライパンを熱しキッチンペーパーで油をひき濡れ布巾の上で冷ます。弱火で熱し卵を流し入れて焼く。蓋をして1分、表面が乾いたら裏返す。
9.薄焼き卵をだ円型で抜き扇、笏を作る。残った薄焼き卵は細く切って錦糸卵にする。
10.6を皿に盛り付ける。
11.海苔で顔パーツを作り貼り付ける。桜でんぶを頬に付ける。
12.お刺身をくるくる巻いて中央に細く切った柚子の皮を入れる。
13.皿に12や他の具材も盛り付ける。
14.扇と笏を貼り付け頭に爪楊枝で穴を開けピックをさす。

【ポイント】
お雛様に巻く海苔は薄く切った物が馴染みやすいです。

頭に貼る海苔は周囲に切り込みを入れてラップで包むと馴染みやすくしています。

海苔はパンチで抜く場合、パリパリの状態で大丈夫ですが
はさみで切る場合は割れて切り難いので早めに出しておいたり蒸気にあてしんなりさせると切りやすいです。

目はちょっと小さくなりますが黒ゴマを使ってもOK。

海苔を貼る際は先端を湿らせた竹串、またはピンセットを使用すると付けやすいです。

扇はだ円型で抜いた物をナイフでV字に切り、笏はだ円型をずらして抜いて形を作ります。

海苔にピックがさし難いので爪楊枝であらかじめ下穴を開けることでさしやすくなります。(ピックはセリア購入品)

【使用した海苔パンチ】

・口に使用した海苔パンチ・・・貝印 のりパンチフェイスベーシック

・目に使用した海苔パンチ・・・アーネスト nicoキッチン にこにこパンチ ミニミニ

・だ円型・・・デコ弁キット(ゼリア)

簡単に出来ますのでお祝いに作ってみて下さいね!

BGM:Nash Music Library

…続きを読む