タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

激安!?材料6つとホットサンドメーカーで【廃油0】簡単チキンカツを作ったらキャンプにピッタリだった

モロケン/MorokenGo

旅×キャンプ系YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

キャンプ場で揚げ物を楽しむ時、残った油の処理って面倒に感じませんか?
それに、卵をつけたり1から揚げ物の用意をするのは洗い物も増えるので、片付けが大変です。

けれども、キャンプ場で手軽に揚げものが楽しめたら、キャンプ飯のレパートリーも増えそうです。

今回は、廃油が一切でない簡単チキンカツをホットサンドメーカーで作る方法を紹介します!

特別な材料は必要ナシ!

【材料】

鶏もも肉(胸肉などでも代用可) 1/2枚

パン粉 30g

オリーブオイル 大さじ1

片栗粉 適量

塩胡椒 適量

マヨネーズ 適量

まぶして挟むと完成するチキンカツ

①塩こしょうを適量まぶし、マヨネーズを両面に塗り込みます。

マヨネーズが、揚げ物の「つなぎ」の役割を果たすのでたっぷり塗ってください。

②マヨネーズを塗って10分ほど放置している間に、パン粉の準備をします。
パン粉に、オリーブオイルを加え混ぜ合わせます。

油を吸っていないパン粉が少し残るぐらいにすると、出来上がりの油っぽさを軽減してくれます。

また油をパン粉に吸わせた状態で調理するので、オリーブオイルのように風味が良いものを使うと美味しく仕上がります。

油を吸っていないパン粉を2割程度残すと良いです
油を吸っていないパン粉を2割程度残すと良いです

③片栗粉を両面にまぶします。

マヨネーズを混ざってドロドロした状態になるとパン粉が付きやすくなります。

④ホットサンドメーカーに鶏肉のサイズに合わせて、パン粉を敷き詰めます。その上に鶏肉を乗せ、パン粉を被せます。

ホットサンドメーカーに無理なく収まるのは、鳥もも肉1/2枚程度の大きさした。

⑤弱火で片面、5〜6分加熱します。

このとき火力が強いと焦げてしまうので注意しましょう。

また、加熱時間はお肉の厚さを見て、調節してください。

⑥両面加熱した後に、少し火力を強くして1分ほど加熱します。

温度を上げることで、サクサクの食感に仕上がります。

あっという間に、こんがりサクサクの美味しそうなチキンカツが完成!

パン粉に染み込ませるオリーブオイルを少なめにしたので、くどくない仕上がりになります。

下味に、ほりにし黒瀬のスパイスなどを使うと、より豊かな風味になるので、お手持ちのスパイスを活用して頂くのがオススメです。

また、油っぽさが気になる場合は、食べる前に、キッチンペーパーで油を落とすと、ヘルシーに仕上がります!

特別な材料ナシで簡単に作ることができるので、是非一度キャンプ場で作ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

【沢山油が余っても大丈夫!廃油を片付けるアイディア】

キャンプ場で揚げ物の油を処理する方法

【キャンプの焚き火やバーベキューの片付け】

コンビニのコーヒー容器がキャンプやバーベキュー後に大活躍?それ最後まで捨てないで!

キャンプの後片付けが15分早くなる!?焚き火やバーベキュー後の炭を鎮火させ再利用できる袋が便利すぎる

【夏の冷蔵食品は心配?常温保存対応のお肉で悩みから解放されよう!】

「常温保存できるお肉」が夏キャンプやバーベキュー、登山で大活躍!災害への備えにも

シェア

いいね

コンテンツへの感想