タイトル画像

【保冷剤不要】駄菓子を使って簡単に作ろう!夏のキャンプでも腐らないかつ丼

モロケン/MorokenGo

旅×キャンプ系YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

お馴染みの駄菓子「ビッグカツ」でカツ丼を作ってみました!
全て常温で保存できるもので作っているので、キャンプ飯にもオススメの一品です。

材料5つで作れる激安カツ丼

【材料】

ビッグカツ 1枚

卵 1個

白だし 小さじ1/2

醤油 少々

水 卵の半量ほど

ご飯の量によって材料の多さを調整してください。

今回は甘口の刺身醤油を使っています。薄口醤油や濃口醤油を使った場合、甘さが足りないこともあるので、足りなければ砂糖も追加するとより美味しくなります。

切って、溶いて、温めるだけ!「駄菓子カツ丼」

① 一口サイズにビッグカツを切ります。切らずに豪快な一枚カツにするのも良いでしょう。

袋の上で切ると油で汚れないので片付けが楽になります。
袋の上で切ると油で汚れないので片付けが楽になります。

② 軽く温めます。

しっかり温めると、出来上がりの時によりリアルなカツ丼になりました。

ビッグカツは薄いので焦がさないように注意しましょう。
ビッグカツは薄いので焦がさないように注意しましょう。

③ 卵に白だし、醤油、水を加えて混ぜます。

ビッグカツを温めている間に、卵を用意すると手早く調理が進みます。

④ カツが温まったら、卵を流し入れ加熱します。

卵の保存状況に応じて、加熱してください。

今回は、屋外で常温保存した卵を使ったのでしっかり固まるまで加熱しました。

おつまみにもピッタリな激安「駄菓子メシ」完成!

屋外で常温保存した玉を使用したので、固めに仕上げました。
屋外で常温保存した玉を使用したので、固めに仕上げました。

ビッグカツのソース味と、だしの効いた卵がマッチしており、駄菓子で作った料理とは思えない仕上がりでした。白だしを入れたことで、駄菓子らしい大味なビッグカツがまろやかになっています。

また、しっかり温めることでビッグカツが柔らかくなっていています。

小腹が空いたときや、おつまみのもう一品にもピッタリだと思います。

とてもお得に作ることができるので、普段と違ったおもしろキャンプ飯に挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連記事

【簡単キャンプ飯でキャンプをもっと楽しもう!】

激安!?材料6つとホットサンドメーカーで【廃油0】簡単チキンカツを作ったらキャンプにピッタリだった

【夏のキャンプ、食材の保存にはもう悩まない!】

「常温保存できるお肉」が夏キャンプやバーベキュー、登山で大活躍!災害への備えにも

【素朴な疑問を解決する焚き火の話】

炭は自然に還らないってウソ?本当?焚き火やバーベキュー後の炭をキャンプ場に埋めてはいけない理由

シェア

いいね

コンテンツへの感想