モノ/ガジェット

キャンプで活躍!25cmのダッジオーブンも使える4脚の焚火台が発売!

モロケン/MorokenGo

旅×キャンプ系YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さんはキャンプに持って行く焚火台を選ぶときどんな形の焚火台を選んでいますか?
ソロキャンプであれば小さな焚火台を、調理するのであれば調理がしやすい焚火台を...と焚火台にも向いている用途、向いていない用途があると思います。

今回動画で紹介したのはキャンパーなら聞いたことがあるであろう日本のキャンプメーカーである「キャプテンスタッグ」さんから発売されている「クアッド ファイアスタンド」という焚火台を紹介しました。キャンプをしている人であればこの東京タワーのような形の焚火台を見たことがあると思います。しかし、それらの焚火台の殆どが3脚、つまりトライポッドであることが多いのですが、今回紹介した焚火台は4脚なので3脚の焚火台よりもはるかに安定している焚火台となっています。

皆さんこんにちは!旅とキャンプのYouTuberモロケンです!
今回紹介した焚火台は前述したとおり4脚なんです!それもただ4つの脚があるだけではなくてメッシュの下にワイヤーが入っているので重い薪を乗せても焚火台がたわまず安定して使用することができるキャンプアイテムとなっています。
吊り下げ式のチェーンも小さな焚火台ですがしっかりとしたものが付属しており吊り下げ耐荷重は10kgまでとなっています。

キャンプ用の調理器具も重いものが多いですよね。例えばダッチオーブン。
キャンプメーカーが発売している25cm(4リットル)のダッチオーブンの重さは鋳物であるため約5kg~6kg程度です。
例えば他のキャンプメーカーの3脚の焚火台の吊り下げ耐荷重は8kgなので6kgのダッチオーブンを使用すると2リットル(2kg)までとダッチオーブンの半分の量しか調理をすることができません。しかし、今回紹介した焚火台であれば吊り下げ耐荷重が10kgまでなので25cmのダッチオーブンの全て(4リットル)を存分に使用することができます。

ダッチオーブン等の重い調理器具でキャンプ飯を作るのであれば使用する焚火台は地面にしっかりと設置されて安定しており、なおかつ火加減が調節できるものを選ぶことで溢すことなく、焦がすことなく調理することができます。
今回紹介した焚火台はそれらの条件にピッタリと当てはまっているのでダッチオーブンを使用したキャンプ飯を作る際はとても重宝する焚火台ではないでしょうか。

購入はヤフーショッピングにて!
https://is.gd/AL46Z3

●組立サイズ(約) : 幅500×奥行500×高さ950mm
●収納サイズ(約) : 70×70×長さ600mm
●重量(約) : 1.2kg
●メッシュベースサイズ(約) : 420×420mm
●固定ワイヤー内寸(約) : 350×350mm
●吊り下げ耐荷重 : 10kg
●材質 :
 脚部・メッシュベース・固定ワイヤー・自在金具・フック:ステンレス鋼
 チェーン:鉄(亜鉛メッキ)

…続きを読む