モノ/ガジェット

  • いいね

普通の焚火台に飽きたキャンパーへ「吊り下げ式」焚火台はいかが?新しいキャンプスタイルの幕開けです!

モロケン/MorokenGo

旅×キャンプ系YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

当たり前ですが、焚火台は地面に設置して使用するキャンプ道具です。
しかし、今回紹介した焚火台はなんと...宙に浮いた吊り下げ式の焚火台なんです!
3枚のステンレス板を組み合わせて三角錐の形にし、ポールやランタンフックに吊り下げて使用します。
まるで大昔のお城で使われていたかのような雰囲気のある焚火台ですね!

皆さんこんにちは!旅とキャンプのYouTuberモロケンです!今回はNaturehikeの焚火台を紹介しました。
実際吊り下げ式の焚火台ってどうなの?と思うキャンパーの皆さんも多いと思うので使用感をお伝えしたいと思います!

特徴その1「意外とよく燃える」
焚火台はNaturehikeという文字がくり抜かれていたり、ロストルで底上げしてあり下からも空気を取り込めたりと、空気を取り込みやすい構造になっています。さらに地面に置いておくよりも、宙にぶら下がっている方が風の当たりもよくなるのでしょうか、常に大火力で燃えている印象です。
しかし、火力が大きいという事は薪が燃え尽きるのも早いということ。
焚火台自体は大きくはないので、大きめの広葉樹などは入りにくい形をしてます。
かといって針葉樹だけではすぐに燃え尽きてしまうので、「薪」を選ぶ上級者向けの焚火台でしょう。

特徴その2「灰が落ちない」
最近、キャンプ界隈では焚火や直火(じかび)のマナーについて議論が起こっていることはキャンパーの皆さんであれば一度は目にしたり、聞いたことがあるのではないのでしょうか?

本題とは離れるのでここでは焚火のマナーについては触れませんが、この焚火台、宙に浮いているので灰や薪が落ちるのではないか?と心配になると思います。
しかし、長すぎる薪を無理やりくべる事さえしなければ2泊使っていても、火のついた薪が焚火台から落ちることはありませんでした。
また、火力が強く、殆ど灰が残らないため風で燃えカスが舞うこともなく、意外と使える焚火台だなという印象を持ちました。

しかし、もし火のついた薪が百数十センチの高さから落ちるとなると、どこまで飛んでいくか想像がつきません。
焚火台の下には大きめの焚火シートを敷いていたり、周りに引火物や燃えやすいキャンプ道具などを置いておかないなどの工夫が絶対に必要です。

まとめ
宙に浮いているため調理などはできませんが、雰囲気を出す焚火台としては意外と使いやすい焚火台だなと思いました。
組み立ても簡単で、構造もシンプルなのでキャンプ初心者でも火を点けるだけなら問題ないでしょう。

しかし、普通の焚火台と違って宙に浮いているため、子供の顔に当たらないように工夫したり
そもそも近くに子供がいるのであれば使用しないという判断をしたり
もし薪が落ちたとしても燃え広がらないように防火性のあるシートを設置したり
風が強い日は使用しない...などの工夫や判断が必要になってくる焚火台です。

目を惹く焚火台ではありますが、使用者の高いキャンプ、焚火スキル、そして周りのキャンパーに迷惑をかけない、自然を壊さないという倫理観を持ったキャンパーのみが使用するべき焚火台でもあります。

宙に浮いた焚火台を使ってみたいけどスキルがない!という方はまずは普通の焚火台から使用してみてスキルを磨いてから挑戦してみてはいかがでしょうか?

Naturehikeの吊り下げ式焚火台の購入先(ヤフーショッピング)
→ https://shopping.yahoo.co.jp/products/z45ib29k73?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

シェア

いいね

コンテンツへの感想