モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ソロキャンでもグループキャンプでも使える焚火台「マクライト」は火力調節ができて焚火調理にもってこい!

モロケン/MorokenGo

旅×キャンプ系YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

キャンプブームに伴い、最近は様々な機能が付いている焚火台が多く発売されています。

今回紹介した焚火台は「TOKYO CRAFTS」さんから発売されている「マクライト」という焚火台を紹介しました。
この焚火台の大きな特徴はごとくの位置を変えることができるという事。ごとくや網の高さをハイとローで使い分けることができるので火加減が難しい焚き火での調理がやり易くなる焚火台なんです!

皆さんこんにちは!旅とキャンプのYouTuberモロケンです。今回は同じくYouTuberの「タナちゃんねる」の代表タナさんが立ち上げたブランド「TOKYO CRAFTS」さんの焚火台を紹介しました。

キャンパーにとって焚火で調理することはキャンプの醍醐味といっても過言ではないと思います。しかし、ガスのように一定の火力を維持してくれるわけではないので焚火調理って意外と難しいんですよね。
鍋と炎との距離が遠すぎて全然火が通らなかったり、反対にフライパンと炎の距離が近すぎて食材が焦げてしまったり...焚火キャンプあるあるだと思います。

今回紹介した焚き火台は前述の通りごとくの位置を変えることができるので、炎が激しいときは高い位置に、熾火の時は低い位置にごとくを持ってきて火加減を調節することができます。
薪の状態やどんな調理をするかによって高さを変えられるのはとてもGOODなポイントですね。

収納時の大きさは縦21cm 横40cm 高さ2.5cm、本体とごとくを含めた重さは929gと薄く軽くまとまるのでバックパックに入れて持ち運ぶのも苦ではありません。

組み立て後の火床の大きさは縦36cm 横40cmと焚火台としてはかなり大きめです。これにより少ない薪でも焚火を楽しむことができますし、30~40cmの大きな薪も組むことができます。
1つ持っていればソロキャンプからグループキャンプまで使う事ができる点がGOODなポイントです!

現在「TOKYO CRAFTS」さんのページにて5月以降発送分の予約を受け付けています。
気になる方は検索してみてはいかがでしょうか!

スペック
材質本体:ステンレス(SUS304)
サイズ(cm):組み立てサイズ(ゴトク除く):W36×D40×H32cm
収納サイズ(収納ケース除く): W21×D40×H2.5cm
重量本体: 794g / ゴトク:135g

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。