タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

インスタで話題の無印とスリコの人気アイテムを比較してみた

MUJIO

無印マニアMUJIO

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

どうも無印マニアMUJIOです。
今回はInstagramaをはじめとするSNSで人気の無印とスリーコインズのアイテムを比較しながら紹介していきたいと思います!

最近は無印の人気アイテムと類似する商品が各社から販売されています。

これから買う人はどっちがいいんだろう、安くても失敗するのはイヤだしなっていう疑問があると思いますのでなるべく中立な立場で比較をしていきたいと思います。

今回は5つのアイテムを比較していきます

絶対無印派という方はまたマネされてるわと鼻で笑いながら、せんべい片手にこの記事を読んでくださいw

1.マスクケース

左が無印、右がスリーコインズです

無印良品

正式名称 ポリプロピレンウェットシートケース
金額 490円
素材 ポリプロピレン
サイズ 約幅19×奥行12×高さ7cm
カラー ホワイトグレー

スリーコインズ

正式名称 マスクボックス 
金額 330円
素材 ポリプロピレン
サイズ 約幅19cm奥行12.5cm高さ7cm
カラー グレージュ・ブラック

無印の方が角が丸まったデザインです。
素材はどちらもポリプロピレンなので触った感触は同じです。
質感はどちらもマットな質感でオシャレです。

無印は本来ウェットシートを入れるケースとして販売されてるんですけど、コロナ禍でマスクの使用頻度が増えたことで、SNSでマスクケースにも使えるということが話題になりました。

そしてこのスタイリッシュなデザインがマスクの箱をポンと置くよりも格段におしゃれになるということで、今やこれをマスクケースとして使っている方が非常に多くなっています。

こないだ行った無印の店舗ではこのケースの売り場の前で実際にマスクを入れたり、他にもメラミンスポンジを入れたりしたものを展示してあって「このケースはこのように様々な使い方ができますよ」と紹介していました。

本来ウェットシートを入れるものですので、このようにフタの内側にはパッキンがついており、これのおかげでウェットシートは全然乾きません。

ウチは子供が乳児の時にうんちを変える際に、片手で子供の足持ちながら片手でシート取れるのが便利で使っていました。フタも片手でパカパカ出来るので便利です。

マスクを30枚入れてみます。入れる時は紐を上にして入れます。下にすると取るときに紐が引っかかって取れないので。

まだ少し余裕がありますが、入れすぎても取れにくいと思うのでこれくらいにして。

問題なくスッと取れます。

続いてスリーコインズのマスクケースですが、こちらはマスクボックスとして発売されている商品ですが、サブとしてウェットシートも使えますよと書かれています。

なので無印と同じようにパッキンがついています。

ついてるんですけど、ちょっと弱い気がしますw
無印の方は抵抗を感じるのでしっかり密閉されてそうです。開閉はスムーズです。

スリーコインズはマスクケースとして売られているため口が無印よりだいぶ大きいです。

不織布マスク約30枚収納できると記載されています。

実際に30枚入れてみました。まだ少し余裕があるので入ると思いますがあまり入れすぎると取り出しにくくなると思います。

スッと取り出せますね。

ちなみにシールに見えるこれは印刷なので取れません。

マスクケースまとめ

色味やデザインの好きな方を選ぶといいかなと思いますが、無印の方がパッキンの密閉力が強いので、ウェットシートやアルコールシートを入れて使いたい方は無印の方がいいと思います。

マスクしか入れないという方は口が広いスリコの方をおすすめします。

2.シリコンスプーン

左が無印、右がスリーコインズです。

無印良品

正式名称 シリコーン調理スプーン
金額 490円(2021年9月1日より値下げされました)
耐熱温度:約250度(但し芯材はナイロンを含むので180度)
食器洗浄機:使用可
長さ 26cm

スリーコインズ

正式名称 シリコンスプーン
金額 330円
耐熱温度:約230度
耐冷温度:約-40度
食器洗浄機:使用可(温水温風90以下)
長さ 26.5cm

こちらは完全に類似商品ですが、違いを挙げると...
まずは見た目通り色の違いです、無印は黒、スリーコインズはグレーです。

長さは無印26cm、26.5cmと0.5cmの差になっております。

スプーンの部分は全く同じです

角度が違います、無印の方が角度がついてます。

穴の形も違います。

持ち手が無印は角ばっているのに対してスリーコインズは丸みがあります。

握ってみるとスリーコインズの方が丸みがある分手にフィットして握りやすいです。

シリコーン調理スプーンの特徴であるシリコーン部分の幅ですが、これは無印もスリーコインズも同じ幅がシリコンでできています。

使いやすさを比べてみます。

使ってみての感想ですが、使ってる分には違いはほぼ感じませんね。

気になるのは色映り、匂い映りだと思うんですが、スリーコインズはグレーなので色映りが目立つかなと思いましたが、一度カレーを作っただけでは大丈夫でした。
無印は黒なので目立ちません。

匂い映りは両方洗剤でしっかり洗いましたが、先端からカレーのスパイシーな匂いがしてきます。両方とも完全には取れてないと思います。

無印にはこれよりワンサイズ小さいサイズがあります。

炒め物ならこれを普段使いにしてもいいくらい便利なサイズです。
こちらも2021年9月1日〜390円に値下げされています。

シリコンスプーンまとめ

サイズ、見た目、使用感ほぼ同じなので色の好みがなければ、スリーコインズの方が260円安く買えます。ただミニも持ちたい場合は無印で揃えた方が統一感はでますね。みなさんはどっち派でしょうか?

3.ハンガー

ハンガーは見た目が無印に似ているわけではないんですが、こちらもSNSで話題になっており、この切り込み部分があるハンガーという意味で同じなので比較したいと思います。

左が無印、右がスリーコインズです。

無印良品

正式名称 ポリプロピレン洗濯用ハンガー
金額 3本250円(1本あたり84円)
素材 ポリプロピレン
サイズ 約幅42cm
耐荷重 1kg
カラー 白

スリーコインズ

正式名称 伸び防止ハンガー
金額 6本330円(1本あたり55円)
素材 ポリエチレンテレフタレート(PET)熱可塑性(ねつかそせい)エラストマー(TPR)サイズ 約幅42cm
耐荷重 1.5kg
カラー 白、グレー

このハンガーの特徴は この切り込みです。襟を伸ばすことなくハンガーにかけられます。

スリーコインズはこれにプラスαの機能が3つありまして

①滑り止め(肩の広いのも落ちにくい)

この滑り止めのおかげで肩が広く開いてる服も落ちにくいです。

②ネクタイをかけたり、ハンガーオンハンガーが出来る

この部分によってネクタイをかけたりハンガーオンハンガーができます。

③キャミソールかけ

このツメがあることでキャミソールなどもひっかけられます。

ハンガーまとめ

スリーコインズのハンガーには無印の襟を伸ばさず干せるという機能に3つの機能がプラスオンされていますので、これは便利とインスタなどで話題になっております。

見た目のデザインが大きく違いますので、比較にはなりにくいかもですが無印のハンガーの特徴を兼ね備えた多機能ハンガーですので、見た目にこだわりがない方はスリーコインズのほうがいいかもです。

見た目がシンプルなのは無印ですね。皆さんはどっち派でしょうか?

4.キッチンスポンジ

左が無印、右がスリーコインズです。

無印良品

正式名称 ウレタンフォーム三層スポンジ
金額 3個で299円(1つ100円)

スリーコインズ

正式名称 KITINTOシリーズ 泡立ちキッチンスポンジ
金額 1個110円

どちらも三層構造になっており、泡立ちがよいので少量の洗剤でもしっかり泡がたち、汚れもしっかり落ちながら、水切れが良いという優秀スポンジになっております。

インスタで話題と言えばスリーコインズのシリコンスポンジというのがありまして

こちらの方が話題になってるんですが、以前こちらの動画で紹介したんですが

僕は思ってたより使いにくかったというか油汚れがしっかり落ちてない感じだったので、結局このタイプのスポンジが一番いいと思って戻ってます。

無印のスポンジが使いやすくて泡立ちもいいし、気に入って使ってますが、今回このKITINNTOシリーズのスポンジを使ってみたら、無印のスポンジと同じ感じで泡立ちもいいし、泡持ちもいいし使いやすかったです。

キッチンスポンジまとめ

これは金額もほぼ同じなので、どちらを買っても満足いく商品じゃないかなと思いますので手に入れやすい方で買って大丈夫だと思います!

5.スリッパ

左が無印、右がスリーコインズです。

無印良品

正式名称 足なりサンダル
金額 990円
素材 甲部:EVA樹脂 底材:EVA樹脂
サイズ 22.5~27cm
カラー ネイビー、カーキ、マスタード、オフホワイト、ブラック

スリーコインズ

正式名称 軽量マルチスリッパ
金額 330円
素材 EVA樹脂
サイズ ~25cmまで
カラー ブラック、ホワイト

こちらのアイテムどちらもSNSで「かわいい!」「室内履きやベランダスリッパにいい!」と話題になっている商品です。

無印の方は履き心地も足に当たる感じもすごくいいので、外にも十分履いていけるサンダルなんですけど、スリーコインズの方は、330円だからかかなり安っぽい感じになっています。

トイレのスリッパって感じがしてしまいますw

それとスリーコインズのスリッパはサイズが25cmまでしかないので、主に女性向けという感じです。

ただ無印のスリッパめっちゃいいのに、甲の部分がすぐに破れるというレビューがけっこうあるんですよね。

僕が持ってるのは1年以上履いてるけど、そんなことないんですが最近買った人はそういう声が多いです。

で、これについて今年2021年になって発売されたものは素材が変わったのかって言ってたんですけど、視聴者さんからのコメントで「素材が変わったのではなく大量に生産して保管しておいたものを今年も店頭に並べたのではないか。ゴムは使わなければ劣化してもろくなりやすいから。」というコメントを貰いまして、なるほど!と。

それが一番しっくり来たんですよね。去年と同じ見た目でいきなり素材が変わったというよりは、経年劣化の方が納得がいきました。

なので非常に履き心地もデザインもいいだけに残念なアイテムなんですよね。

これから購入するっていうかたのために注意喚起という意味でも知っておいてもらえたらなと思いました。

サンダルまとめ

デザイン、履き心地共に無印の方がいいんですが、すぐに壊れては意味がないので、妥協してスリーコインズという感じです。また他にいいもの見つけたら紹介します!

まとめ

ということでいかがでしたか?

今回はインスタで話題の無印とスリーコインズの似ているアイテムを比較してみました。

いまや百均、スリーコインズでも無印とよく似た商品がどんどん出てきてますので、今後もこのような比較記事も出していきたいと思います!

こちらの記事は動画でも見れますので良かったらどうぞ!

シェア

いいね

コンテンツへの感想