How to

【いちごタルトの作り方】乳製品不使用&砂糖なしだから小さな子どもでも安心して食べられる!

muji seikatsu(奏)

暮らし方研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いちごの季節ですね。

わが家でも先日は砂糖を使わないいちごジャムを作り、パンケーキに載せたり、炭酸水と割ってサイダーにしたりと楽しみました。

ジャムに限らず、旬のいちごをぜひ色々な食べ方で季節を味わっていただきたいので、今回は砂糖控えめの安心素材で簡単に作ることのできるいちごタルトの作り方をご紹介します。

小さな子どもに、お店のケーキはまだ早いかな…
ケーキは食べたいけど糖分が高くて…

という方でも安心して食べていただけるかと思います。

いちごタルトの材料

・乳製品、卵、砂糖も不使用です。

作っている様子はこちらの動画でもご覧いただけます。

3分21秒からが生地作り

10分36秒からがクリーム作りです。

材料:18cmパイ皿

(生地用の材料)
薄力粉:200g
自然塩:少々
なたねサラダ油:大さじ3
ストレートりんごジュース:150cc弱

(クリーム用の材料)
豆腐:1丁(水を切っておく)
自然塩:少々
メープルシロップ:適量(好きなだけ)

いちご:1パック

いちごタルトの作り方

生地を作っている間に、オーブンを200度に余熱しておきます。

生地の作り方

①ボウルに薄力粉と自然塩を加え、ざっと混ぜる。

②なたねサラダ油を加える。

他の油でも大丈夫ですが、さらっとして香りの少ないものがおすすめ。

③スプーンについている油は、ボウルの薄力粉をつけてこすりおとす

粉で洗うから粉洗いと呼んでいるのですが、これをすると洗い物が楽になります。
油も無駄にならないので一石二鳥♪

④粉全体に油が馴染むように、指を立ててぐるぐると混ぜる。

⑤りんごジュースを半分くらい加えて、また捏ねないように混ぜる。

水気が多すぎるとべちゃべちゃになるので、様子をみながら少しずつ足していきます。

⑥捏ねないように気をつけながら混ぜ、ひとまとめにする。

⑦麺棒で薄く伸ばす。

パイ皿よりも大きくなるように!

麺棒がなければラップの芯でも大丈夫です。

⑧パイ皿に載せ、底にぴったりさせる。

⑨はみ出たパイ生地は、綿棒を転がして切り取る。

10.膨らみ防止にフォークで穴を開ける。

11.余熱をしたオーブンで、200度20分ほど焼く。

12.焼き上がったら生地はできあがり♪

冷ましておきます。

クリームの作り方

①フードプロセッサーに全ての材料を入れる。

なければすり鉢などでもOK。ただし、滑らかさが変わります。ザルなどを使って裏ごししても‍。

②クリームが滑らかになるまで混ぜる。

豆腐がしっかりと水切りされていないとトロトロのクリームになっちゃうので、心配な方はメープルシロップを入れるタイミングを遅くしてみてください。

③生地の上にクリームを載せる。

④苺は洗って、水気を拭き、ヘタの部分を切り取る。

⑤クリームの上に綺麗に並べたら、いちごタルトの出来上がり♪

並べるお手伝いはとっても簡単なので、ぜひお子さんとご一緒に^^

まとめ

乳製品や卵などを使うものに比べ、植物性の油で作るマクロビオティック仕様のタルトは簡単で、洗い物のべとつきも少ないので作るのがとても楽です!

暮らしの知恵はYouTubeブログでもお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください^^

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

muji seikatsu(奏(KANA))