How to

【ジッパー袋で簡単梅干し作り】塩と梅を袋に入れてゆするだけ!?意外と簡単な梅干し作りその1

muji seikatsu(奏)

暮らし方研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

下ごしらえが終わった青梅を使って、ジップロックなどのジッパー袋で簡単にできる梅干しづくりをします。

※梅酒や梅シロップであれば、まだ未熟なフレッシュな梅で作れますが、梅干しの場合はもう少し待って全体が黄色く黄熟してから漬けると失敗が少ないです。

今回の動画の場合のように買ってすぐに作業をしたいなどと待つ余裕がなく、まだ青い梅で漬けたい場合は、たっぷりの水に3時間〜6時間程度漬けて、アク抜きをしてから仕込んでください。

【簡単梅干しづくりに必要なもの】

・ジッパー袋(瓶や保存容器でもいいですが、少量ならばジッパー袋がお手軽でおすすめです)
・天然塩:梅の重さの18〜20%(梅の味を決めるので、できるだけ美味しいものを!精製塩はおすすめできません(><)
・ホワイトリカー:果実酒を作るように売られている35度のアルコールです。消毒目的のため、なくてもつくれますが、あった方がより簡単に、安全性も高めつつ作ることができます。
・青梅:できるだけ綺麗なもの、黄熟したものがおすすめです(今回の動画では、青めで傷もたくさんあるものです。それだとうまくいかないと言われているのですが、実際はどうかの実験も兼ねております)

【作り方】

簡単に言ってしまえば、ホワイトリカーをまぶした青梅と、天然塩をジッパー袋に入れて、全体をゆすってならし、梅酢(水分)が出てくるまで待つだけです。

水分が出てきて、しばらく経ったら、紫蘇を加えたり、土用干しをします(これは今後の別動画にて)

もう少し丁寧に説明すると、

①ジッパー袋に少量の塩を入れる
②ホワイトリカーを青梅の全体にまぶす
③ジッパー袋に青梅と塩を代わりばんこに入れていく
④全て入れたら、やさしく馴染ませて、袋をとじ、横にしておく
⑤定期的に(できれば毎日)、上下をひっくり返して、水分が出やすくする
できるだけ、全体が水分に浸かっている状態を保つようにします。

梅しごとの詳しいプロセスは、ブログでも説明しています。
よろしければご覧ください。
▼▼▼▼▼▼▼
https://mujiseikatsu.com/ume-zipper-bag1/
▲▲▲▲▲▲▲

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

今日もみなさんが暮らしの中の小さな幸せを噛みしめられますように。

muji seikatsu 奏(KANA)

…続きを読む