How to

【引き出しの間仕切りはブックエンドで】柔軟に動かせる間仕切りを使うと、洋服の立てる収納が快適に

muji seikatsu(奏)

暮らし方研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

クローゼット内の引き出し収納って、ぐちゃぐちゃになりがちで難しいですよね…

整理収納の本を読むと、引き出しには立てて服を収納しましょう、と書いてあることが多いと思います。

立てて洋服を収納すると、最初の全てが詰まった状態では良いのですが、

いざ使おうと1枚抜くと、しなしな〜と隣の服が倒れてきたり、

洗濯後に畳んで入れようと思うと、隣の服がつぶれてぐちゃぐちゃになったり…

そんな経験がある方も多いと思います。

引き出しの整理を快適にするためのアイテムとして、様々なタイプの間仕切りが販売されていますが、わが家では服の収納に使っている無印良品の「プロピレン収納ボックス」の引き出しの間仕切りは全て、セリアで購入したブックエンドです。

浅い引き出しには、小さなアニマル型のブックエンド。

深い引き出しには、ややコンパクトな四角いブックエンド。

セリアのブックエンドは、可愛いものからシンプルなモノトーンのものまで幅広く、本棚だけに使うのは勿体ない整理整頓アイテムです。

服の収納に限らず、様々な整理に使いまわせるのもブックエンドの嬉しいところです。

ブックエンドを間仕切りにする際は、服を一枚出したら、ブックエンドを移動させて倒れないように、をするのがオススメです。

こちらの動画では、かさばる服の収納にオススメ「なユニクロのダウン収納袋」の紹介をしています。
https://creators.yahoo.co.jp/mujiseikatsukana/0300081790

空気を押し出して圧縮する圧縮袋よりも、手軽に服がコンパクトになり、圧縮袋に比べてサイズがぐっと小さいので、収納できる場所も多くて、使い勝手は最高です^^

衣替えで、かさばる服をどうやって収納するか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブログでも暮らしのコツを発信しています。
併せて参考にしていただけますと幸いです。
▼▼▼▼▼▼▼
https://mujiseikatsu.com/
▲▲▲▲▲▲▲

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

今日もみなさんが暮らしの中の小さな幸せを噛みしめられますように。

muji seikatsu 奏(KANA)

…続きを読む