How to

【甘くないチャイの作り方と保温の仕方】キャンドルウォーマーを使って淹れたての美味しさをキープ!

muji seikatsu(奏)

暮らし方研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

無印良品でシンプルなチャイのティーバッグをみつけました。原材料には砂糖などが含まれず、紅茶とスパイス(シナモン、カルダモン、クローブ、ブラックペッパー)だけです。

インドでチャイとは濃く煮出した紅茶で作ったミルクティーを指し、実は本場ではスパイスすら入っていないことも多いようです。

私たちが知っているチャイは、シナモンなどのスパイスが入っているミルクティーですが、粉状のものを買うと甘すぎて…という場合は、こういったシンプルなティーバッグを使ったり、CTC紅茶とチャイ用のスパイスミックスを合わせて使うと簡単に美味しいチャイを作ることができます。

■美味しく淹れるポイント
①ミルクを加えると薄まるので、紅茶はしっかりと煮出すこと
②体を温めたい場合は、生姜の絞り汁や粉末を加えること
③甘さは白砂糖は冷えるので、色がついた砂糖や蜂蜜などを加えること

そして保温ですが、家事に仕事に子育てにと忙しい主婦の私は、一息つこうとお茶を淹れたものの鍋を洗ったりしているうちにお茶が冷めてしまった…ということがちょくちょくあります。

特に寒い季節はあっという間にお茶が冷めてしまうので、キャンドルウォーマーを一つ持っているととても便利です。

ステンレスのシンプルな形のものが、安定性もありつつ汚れも落としやすいのでお勧めです。

キャンドル一つで何時間も熱々な状態を保温してくれます。

追伸:
今回は省きましたが、キャンドルウォーマーがない場合などはティーポットやカップを事前に熱湯で温めておくとより美味しく淹れることができ、何もしないよりもずっと冷めにくくなります。

寒い季節にも暑いインドでも美味しく感じる熱々のチャイ。
お試しください。

ブログでも暮らしのコツを発信しています。
併せて参考にしていただけますと幸いです。
▼▼▼▼▼▼▼
https://mujiseikatsu.com/
▲▲▲▲▲▲▲

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

今日もみなさんが暮らしの中の小さな幸せを噛みしめられますように。

muji seikatsu 奏(KANA)

…続きを読む