How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

[暮らしの改善#018]大きくてもコンパクトな壁掛けタイプのクリスマツリー。雰囲気作りにオススメ!

muji seikatsu(奏)

暮らし方研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

私はクリスマスツリーといえば、木の形をして、かさばるものだと思っていました。しかし、最近ではタペストリータイプの布のクリスマスツリーが流行っているそうです。
私も100円ショップ(ダイソー、セリア)のものや、デザイナーの方々が描いてくれた大型タイプなどいくつかを試してみましたが、どれも部屋の印象をぐっと明るく、変化させてくれてとても気に入っています。

タペストリーは軽いものであればそのままラフにマスキングテープや小さなピンなどでとめても大丈夫。

私はもうちょっと工夫ができないかな、と、家の片隅に余っていた棒と毛糸を使ってぶらさげるということをしてみましたが、そんな風に手をかけなくてももちろん大丈夫です!

最後にご紹介している大きめのツリーは、カーテンレールにひっかけられるフック付きのピン(100円ショップなどでもポールにカーテンを引っ掛けるようのグッズとして販売されています^^)を使って、吊り下げています。

ライトは裏側から安全ピンを使ってつけるという方法が推奨されていますが、これだと好きな場所につけるのが意外と難しかったので、私は正面からサクッと縫い付けてしまいました。
重たいものではないので、ひと縫いだけで大丈夫です。

別にツリーの形じゃなくても、包み紙などのクリスマス柄のものを壁などに貼るだけで、部屋の雰囲気はぐっと変化します。

小さなライトは100円ショップでもたくさん売られていますので、複数のものを組み合わせて楽しい空間を作ってみてください^^

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

今日もみなさんが暮らしの中の小さな幸せを噛みしめられますように。

muji seikatsu 奏(KANA)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


How toの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る