専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【LEGO】地中にもぐるマシンを作った。歯車で動く機械の面白さを紹介する

むにむに別館

LEGO家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

LEGOで地中にもぐるマシンを作った。

土もLEGOで作っている。
箱に細かいブロックを数万個入れて土を作った。
試作機を数台作成し、6台目で地中にもぐることに成功した。

1台目はサンダーバードに登場するジェットモグラを試した。先頭にドリルがついているのが特徴で、漫画やアニメによくでてくるタイプである。これは最初から予想していた通り、本体のほうが回転してしまい、もぐることはできなかった。
2台目はタイヤが大きめの四輪駆動車を試した。前後のタイヤを外向きに逆回転させると土をかき分ける。少しもぐったがタイヤの間に土がつまって動けなくなった。
3台目はマシン全体に小さいタイヤをたくさんつけた。マシンの全面で土をかき分けてもぐる計画だったが、小さいタイヤでは空回りした。さらに、マシンの隙間に土がつまって動けなくなった。
4台目はマシンの底にタイヤを4つ水平に並べて回転させた。土がつまらないようにギアを使わず、モーターとタイヤを直結させた。マシンは半分くらいもぐったが土の圧力でタイヤが回らなくなった。
5台目は振動で土をかき分ける作戦にした。マシンの形状は単純な立方体にした。マシンの内部で重りを高速回転させて振動させる。試すとまったくもぐらなかった。
6台目は4台目の強化版として作った。タイヤではなく、ただの棒を4本回すことにした。モーターはより強力なものに変えた。すると、もぐることに成功した。ただ、このマシンはもぐるだけで上に戻ることはできない。

LEGOは歯車で動く機械を自由に作成できる素晴らしいおもちゃである。モーター、歯車、車軸、タイヤ等の機構部品や遠隔操作装置さらにマイコンを組み合わせてロボットを作れる。工学やメカトロニクスの勉強になる。プログラミングよりLEGOの方が面白くてためになるかもしれない。

LEGOのはじめ方

①LEGOを買う
Lego Technicの大きめ(1000パーツ以上)の製品がおすすめ。大きいほうが複雑な仕組みを学べて、パーツも多く手に入る。ネットの方が安く買える場合が多いけど品薄の製品は高騰しやすいので注意。値段÷パーツ数が10以下だとお買い得感がある。モーターや赤外線リモコンなどの装置が多く入っている製品もお買い得である。

②説明書通りに組み立てる
説明書通りに組み立てると基本が分かる。製品は歯車をうまく使っており、エレガントに設計されているので勉強になる。

③遊んだり、飾ったりする
Lego Technicの製品は非常によくできているので飾ってもかっこいい。

④ばらす
しばらく遊んだ後、ばらして部品として使う。パーツの種類ごとに小分けしておくと便利。

⑤自分で考えて作る
なにか面白いことを考えて作ってみる。ここが一番難しいところ…

BGM:株式会社クリーク・アンド・リバー社

関連タグ

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


専門マスターの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る