How to

30歳で地方から東京に挑戦。うまくいきますか? | 編集長がこたえます

村上萌

ライフスタイルプロデューサー / NEXTWEEKEND編集長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

お悩み:30歳で地方から東京に挑戦。うまくいきますか?

うまくいくかどうかは分からないところですが…
ポイントをあげるとしたら3つ。

ポイント1:人生100年時代。年齢で何かを始めるのに遅いということはない。

20年後から見たらめちゃくちゃ若かったなと思うであろう今日。
年齢によって躊躇することはないと思っています。

私の知り合いでも、何歳だってやりたいことで夢を掴んでる人はたくさんいます。
そこは気にし過ぎなくてもいいのでは、と思います。

ポイント2:とはいえ、やはり求められるものが違うということは客観的に見るべき。

年齢を気にし過ぎなくてもと言いましたが、社会から「30歳まで何をしていたか」はやはり問われる部分。
自分からすれば、「30歳で東京に挑戦!」というのは大きい出来事かもしれませんが、他人にとっては大したことではないし、武器にもなりません。

自分のやりたいことではなく、「何ができるのか?」と社会から問われることは前提に、そこを言語化できるようにして行った方がいいとは思います。

ポイント3:東京はゴールじゃない。経験として割り切る、もしくは、ちゃんとやりたいことを都度言葉にしながら暮らした方がいい。

インドに行ったら人生が変わる、ニューヨークに行ったら夢が叶う、みたいなことは決してなく、もちろん東京にもゴールはありません。

東京に行くことが大目的になってしまうと、忙しい日の帰り道とかに「何がしたかったんだっけ?」と悲しくなると思います。

東京に行ったからって急に出会いがたくさん落ちているわけじゃないし、誰かが何をしてくれるわけじゃない。

経験と割り切って「ネタとして1年だけ東京で暮らしてみたかった」とかならいいと思うけど、東京に行くこと自体には意味はありません。

何がしたいか、何ができるのか。
自分でも日々思考を重ねて、出会った人に都度話して、巡ってくるチャンスを逃さないような日々を送れたらいいのではと思います。

「待ってるだけ」「とりあえず行ってみる」だと、想像しているようなキラキラしている生活はありません。

まずは自分を客観的に見て、言語化して、都度人に伝えてアウトプットしていく。
それができれば、30歳でもまったく遅くないと思います!
頑張ってください!

…続きを読む