How to

子育てや仕事をしながら料理に工夫する秘訣は? | 編集長がこたえます

村上萌

ライフスタイルプロデューサー / NEXTWEEKEND編集長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

お悩み:子育てや仕事をしながら料理に工夫する秘訣は?

私も長い間コトコト煮込んだり、難しいことはそんなにしていません。

でも「美味しそう!」と思わせる演出もすごく大事だなと思っています。

基本的だけど、意外とやめちゃってる方も多いなと思うことは…

ポイント1:お皿をこだわる

洋食に和皿とか、どんな料理もいつもハートの同じお皿とか、料理にお皿が合ってないことはよくあることかも。
この料理にはどのお皿を合わせよう?と考えて選ぶのは大事です。

あとは、食べ物に対して、ちょっと大きめのお皿を使う方が美味しそうに見える気がします。
もりもりにしすぎると合宿のご飯みたいになるので、少し余白感を意識してみると、お店のような見栄えに。

ポイント2:色合いを大切にする

例えば白いお皿にポテトサラダだと、もう遠くから見たらただの真っ白。
そこに例えばクレソンを添えてみるとか、仕上げにブラックペッパーをふってみるとか、レモンを添えるだけで、ぐっと美味しそうに!

色のコントラストを俯瞰で見てみましょう。
それだけでずいぶん印象は変わります。

ポイント3:熱々と、冷たいにこだわって計算する

熱々が美味しいものはやっぱり湯気が出ている状態で食べはじめたいし、冷たいものはギリギリまで冷やしておいて出したい。
当たり前のようですが、やっぱりテーブルに揃ったときに、一番美味しい状態であるというだけでごちそう感が出ますよね。

全部1分以内にできるような小さな工夫なので、ぜひ意識してみてもらえたら嬉しいです。

…続きを読む

How toの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る