How to

マンネリ化してきた食卓に。 夏料理のちょっと楽しいアイデア

村上萌

ライフスタイルプロデューサー / NEXTWEEKEND編集長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、村上萌です。

毎日料理を作っている方にとっては、気づけばマンネリ化しちゃって、「これ一昨日も食べたなあ」なんていうものも出てきたりしがちだと思います。
というわけで今日は、夏の食卓のちょっとしたアイデアを3つご紹介したいと思います。

1つ目は、色合い。紫とオレンジ!

洋服だったら、紫とオレンジ合わせるって、ハロウィンじゃなかったら難しいと思うんですけど。
自然界の色っていうのはね、本当にそれをうまく馴染ませてくれて、この組み合わせが夏っぽいんですよ。
ちょっとワイルドに見えたりして。

これは夏に人が来てくれたときとかによく作る、スパイス混ぜご飯。

ターメリックで黄色く炊いたご飯の上に、ザクザクいろんなお野菜やひき肉をのせていく料理なんですけど、これも紫キャベツとにんじんが隣にあるだけで、なんか急に異国感が出るというか。

あとは、こういうコントラスト系もいいですが、同色系もおしゃれです。
最近友達から教えてもらって、アメリカンチェリーとトマトを合わせたカルパッチョもよく作ったりします。

という風に、いつも食卓が茶色くなっちゃうなという方は、ちょっと同色系でやってみたり、コントラストで遊んでみたり、色合わせで楽しんでもらえたらいいかなと思います。

2つ目は、フルーツ料理!

おすすめはね、いちじくの天ぷらです。

いちじく、そのまま食べても美味しいですけど、天ぷらにすると大人の味になります。
天ぷら粉で衣をくぐらせて、ちょっと揚げるだけ。
油を切ってから、トリュフソルトで食べるのがおすすめです。

キリッと冷えた白ワインがとっても合う、美味しいおかずになります。

夏の美味しいフルーツを、ぜひおかずにしてみていただけたらなと思います。

3つ目、フルーツの皮を器にしてみる!

料理っていうよりデザートですが、おすすめはスイカを器にしたフルーツポンチです。

うちでは子どもが家に何人か来るときとかによく作ります。
大きなスイカを半分に切って、そのなかを丸いスプーンでくり抜いて、他のフルーツと一緒に入れて。

フルーツはなんでもいいですよ、家にあるものでOK。
くり抜いたスイカももちろん入れて、最後にサイダーを注ぐだけ。
これだけでデザートのメインになってくれるのでおすすめです。

ということで、この夏もやっぱり家で過ごす時間が長いと思いますが、料理だけでもマンネリしないように、楽しんでいきましょう!

…続きを読む