モノ/ガジェット

運転アシストもSOSコール機能もついた新型日産デイズ

武者良太

ガジェットライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

軽自動車はセカンドカー向きだと思っていました。いやいや、新しいデイズは、ファーストカーとしてもいいんじゃないかな。

 *

日産の軽自動車、デイズがフルモデルチェンジしました。なんと自動運転レベル2の技術である「プロパイロット」を搭載! ハンドル、アクセル、ブレーキをクルマがアシストしてくれるから、高速道路での運転がとっても楽になるあの機能です。

また上り坂での発進時にずり下がりにくい「ヒルスタートアシスト」、赤信号時にブレーキペダルを踏み続けなくても停車を維持する「オートブレーキホールド」、空から見下ろしているようにクルマの周囲を表示する「インテリジェントアラウンドビューモニター」、ブレーキとアクセルの踏み間違いをカバーする「踏み間違い衝突防止アシスト」、人やクルマへの衝突回避をアシストする「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」など、様々な安全技術を盛り込みまくっています。

そして、今まではハイクラスなクルマにしか搭載されていなかった「SOSコール」機能も搭載! 具合が悪くなったとき、事故をしたときなどに専用オペレータを介して警察や消防といった公共機関に通達してくれるものですが、他車から悪質な煽られ方をされた時にもサポートしてくれるんですって。

煽り運転が社会問題となっている現代において、この機能は重要ですよね。

パワートレインはスマートシンプルハイブリッドで、再始動や加速時はモーターを利用。また新開発のBR06エンジンは、力強い走りと気持ちのいい加速を実現したそうです。運転してみたーい!

お値段は127万円から。フル装備、ターボエンジン、4WDのハイウェイスターGターボプロパイロットエディションは178万円からとなっています。この装備であることを考えると、リーズナブルではないでしょうか。

日産デイズ
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz.html

…続きを読む