モノ/ガジェット

日産GT-R、50周年記念モデルが発表に!

武者良太

ガジェットライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

50年間、名前が受け継がれるというのは凄いことです。

日本が誇るスポーツカーである、日産GT-Rの生誕50周年記念モデル「GT-R 50th Anniversary」が公開されました。ベースとなっているのは、、日産GT-Rの2020年式モデル。新たに追加された、深みある青色のワンガンブルーにホワイトのレーシングラインがマッシブ感を高めていますよね。

これは往年の日産ワークスカラーをモチーフとしたもの。足回りもブルーのスポークホイールが採用され、走行中は青く見えるというのがなんともオシャレ。

他にもホワイト&レッドレーシングライン、シルバー&ホワイトレーシングラインのツートーンカラーが用意されます。

従来のGT-R NISMOが用いていた、ターボ高効率化技術のアブレダブルシールを採用。よりアグレッシブな性格を手に入れたのもポイントです。

同時にGT-R NISMOの2020年モデルも公開されました。GT3レーシングカーで使われたターボチャージャーの採用、ルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーがカーボン製、世界最大級のサイズとなったカーボンセラミックブレーキを採用し、トータルで約30kgもの軽量化を果たしました。

また、同じく50年の歴史を刻んだフェアレディZのアニバーサリーモデルも登場。こちらは70'sなBREカラーをモチーフとしたホワイト&レッドなカラーリングで、北米の大地と空にマッチしそう!

…続きを読む

関連タグ