モノ/ガジェット

市販化予定の日産EV SUV「アリヤ コンセプト」はマッスルカー間違いなし!

武者良太

ガジェットライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

多分だけど、GT-Rと加速競争できるSUVになりますよコレは...!

今年の東京モーターショーでサプライズ登場した「アリア コンセプト」(ARIYA Concept)は、リーフに続く、2台目の市販EVとなる予定のコンセプトカーです。

21インチホイールを脚とするCセグメントのクーペスタイルなSUV。しかしEV専用のプラットフォームを開発したことで、車内空間が広々! 足元の凹凸もなく、運転席も助手席も後部座席も広くて居心地よし! 市販車はCセグメントサイズとなるそうですが、それでもDセグメント級の室内空間となるそうですよ。

またインテリアは装飾をそぎ落とし、ソリッドで近未来感のあるデザインでまとまっています。もちろん高速道路での移動を快適にする自動運転技術プロパイロット2.0も搭載。

気になるのがツインモーター四輪駆動の存在ですね。レーシングEVのリーフニスモRCと同じ構造で、マッスルカーになるはずそうに決まってる。2017年の東京モーターショーに出品されたEV SUVのIMxも、GT-Rを超える最大トルクとなっていましたし、アリヤの市販車もその方向性となるでしょう。

しかもスカイラインR32から連なるアテーサの技術を採用することで、ハイパワーでもカチッと曲がれるクルマとなる様子。これは登場が楽しみすぎます!

日産自動車
https://www.nissan.co.jp/MS/TOKYO2019/NISSAN-ARIYA-CONCEPT/

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る