タイトル画像

【川崎大師】「一升餅」に新たなカタチを。老舗久寿餅店が始める伝統行事を次世代に繋ぐ新たな取り組み

Nakaco

ローカルウォーカー(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 お大師様とともに歩んで104年。大正6年(1917年)に創業以来、川崎大師山門前で、川崎大師の名物「久寿餅(くずもち)」などの和菓子の製造販売を担う老舗和菓子店「住吉」がお餅の開運キャラクター「もちくん」の仲間、ご当地餅をキャラ化した「くずもっちゃん」とコラボレーションした新商品「久寿餅 de 一升餅」の販売を開始しました。

川崎大師 山門前にて“まっすぐ”正直に伝統の味を守り続ける老舗「川崎大師 山門前 住吉」。
川崎大師 山門前にて“まっすぐ”正直に伝統の味を守り続ける老舗「川崎大師 山門前 住吉」。

「久寿餅 de 一升餅」

「一升餅」とは
赤ちゃんが初めて迎える1歳の特別な誕生日に1歳までの成長を祝うとともに、“一升”と“一生”をかけて、「一生食べ物に困らないように」「これから健やかに育ちますように」という願いをこめて一升餅(1.8kg)を背負わせる古くから伝わる日本の伝統行事です。

 子どもが初めて迎える特別な誕生日のお祝い「一升餅」を厄除けで名高い川崎大師のお膝元、住吉の久寿餅でお祝いすることができるセットは縁起の良さと美味しさのお墨付き。倖せを呼ぶご当地お餅キャラクター「くずもっちゃん」がお祝いをさらに盛り上げます。

住吉の「倖せ」には、川崎大師に参拝に来られた方、その大切な方々、そしてすべての方へと幸福をひろげ、わかちあいたいと、“人(ひと)”に“幸(さち)”の「倖せ」にという想いがこめられています。

ふわふわ触感の「くずもっちゃん」ベビーリュックサックにご満悦。特別なお祝いだからこそ「縁起が良い!」をいっぱいに!
ふわふわ触感の「くずもっちゃん」ベビーリュックサックにご満悦。特別なお祝いだからこそ「縁起が良い!」をいっぱいに!

歩きはじめてからのお出かけにも便利。取り出しカンタンでおむつ入れにも活用できる。
歩きはじめてからのお出かけにも便利。取り出しカンタンでおむつ入れにも活用できる。

 「せっかくのお祝いのお餅だけど、切り分けるのが大変。食べきれなくて冷凍庫に眠っている。」というママの困った声に、カット済みですぐ食べられる「住吉の久寿餅」を使用。お祝いの時間に家族みんなで大盛り上がり必至な「選び取りカード」や記念に残せる「メモリアルカード」のセットなど、本セットには様々な工夫がされています。完全無添加、グルテンフリーでカラダにやさしいのもママに喜ばれているポイントです。詳しくは販売特設サイトをご参照ください。

「久寿餅 de 一升餅」
特設サイト:https://kuzumochi.com/?mode=f26
商品購入ページ:https://kuzumochi.com/?mode=grp&gid=2467246#isshou
公式サイト及び店頭にて、2021年10月8日より発売。

「久寿餅 de 一升餅」お祝いセット。準備らくらく!お祝いに必要なものがそろった充実のセット。
「久寿餅 de 一升餅」お祝いセット。準備らくらく!お祝いに必要なものがそろった充実のセット。

倖せを呼ぶ「くずもっちゃん」

 「くずもっちゃん」はみんなの運をもちあげ~るお餅の開運キャラクター「もちくん」の仲間で、神奈川県のご当地餅キャラです。今回のコラボレーションをきっかけに、元々のキャラクターに住吉のスタッフとキャラクターコンセプトを創り上げていきました。

「川崎大師」のくずもっちゃんのプロフィール。特製黒蜜リーゼントは住吉の森さんの発案。好きな言葉も住吉の理念から。「リュックの黒蜜リーゼントの形を表現するのに苦労した」とデザインした梅野さんは笑顔で語る
「川崎大師」のくずもっちゃんのプロフィール。特製黒蜜リーゼントは住吉の森さんの発案。好きな言葉も住吉の理念から。「リュックの黒蜜リーゼントの形を表現するのに苦労した」とデザインした梅野さんは笑顔で語る

○発売記念アニメ「くずもっちゃんと一升餅」
YouTubeサイト:https://youtu.be/h9VzTeEUx4U
○「もちくん」紹介サイト
公式ページ:https://mochikun-japan.com/

老舗の和菓子屋とお餅の開運キャラクターのコラボレーション

「大好きなふるさとやゆかりのあるお餅や和菓子で、よりいっそう心に残る、特別なお祝いを!」

 そんな願いが込められ、日本全国のお餅のキャラクター化を手掛け和菓子業界を応援する有限会社「サンウッド」の代表 梅野陽子さんからの提案で「住吉の久寿餅」と「くずもっちゃん」とのコラボレーションが実現しました。「日本の伝統行事『一升餅』をもっと身近に、もっと自由に!日本をもちあげたい!今後も全国のご当地餅を応援するべく一升餅でコラボしていきたい」とも語ります。

「今回のコラボレーションを通して、若い世代が伝統行事である一升餅や川崎大師の久寿餅に目を向けるきっかけになってほしい。」

 老舗「川崎大師 山門前 住吉」の代表 森明 弘さんは時代とともに変化を楽しみ、特別な日本の伝統行事「一升餅」の一翼を担いながら、川崎大師を訪れるきっかけに、さらには仲見世通り全体の活性化へもつなげていければという考えから企画に賛同。「これまではお客様のもとにいかにして良い久寿餅を提供するかということに注力してきた。コロナ禍に入ってからは時間ができ新たな事に挑戦する必要を感じた。今回のような企画を通して社員たちにも挑戦する文化を根付かせたい」と創業104年の老舗としての意気込みを覗かせます。

取材中、今回の取り組みについて終始生き生きと話してくれたサンウッドの梅野さん(写真 左)と住吉の森さん(写真 右)。
取材中、今回の取り組みについて終始生き生きと話してくれたサンウッドの梅野さん(写真 左)と住吉の森さん(写真 右)。

 「久寿餅 de 一升餅」の評判は上々で、全国の1歳児を持つママたちから楽しんでSNSに投稿してくださっている様子が届いているとの手応えを感じているという。

子どもたちと楽しむ様子がSNSにも投稿され、家族で盛り上がっている様子が伝わる。
子どもたちと楽しむ様子がSNSにも投稿され、家族で盛り上がっている様子が伝わる。

 住吉では、先日発信させて頂いた地元の若者たちと新商品を共同開発する「Hack-O(ハッコウ)プロジェクト」を含め、いくつか新たなプロジェクトを進めています。

○Yahoo!JAPAN CREATORS Article
「【川崎市川崎区】地元プロボノ団体と老舗久寿餅店が挑む20年ぶりの新商品開発プロジェクト」
記事リンク:https://creators.yahoo.co.jp/nakaco/0100142284

 和菓子作りを通して、地域や文化を盛り上げる老舗「住吉」の次なる取り組みに乞うご期待。

厳選した素材と妥協なき職人の技で伝統の味を守り続けている住吉の久寿餅。川崎大師に訪れた際は是非ご堪能あれ!
厳選した素材と妥協なき職人の技で伝統の味を守り続けている住吉の久寿餅。川崎大師に訪れた際は是非ご堪能あれ!

川崎大師 山門前 住吉
 住所:〒210-0816 神奈川県川崎市川崎区大師町4-47
 電話番号:044-288-4437
 公式HP:https://kuzumochi.com/
 アクセス:京急大師線、川崎大師駅より徒歩5分
 公式Twitter:https://twitter.com/DaishiKuzumochi
 公式Instagram:https://www.instagram.com/daishikuzumochi/

*掲載写真の一部は住吉さんより提供頂いております。

シェア

いいね

コンテンツへの感想