タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【川崎区】作って遊ぶ!街の空き地が笑顔の花咲く空間に「パークチャレンジかわさき」

Nakaco

ローカルウォーカー(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

何もない空き地が1日限りの遊び場に♪

 子どもと大人たち自らの手で川崎区にある芝地を「遊び場」に創り上げるプロジェクト「パークチャレンジかわさき」のイベントが3月20に開催されました。

「パークチャレンジかわさき」では、「1日目は『遊び場づくり』、2日目は『遊び本番』」とし、街にある空き地や公園を地元の子どもたちと大人たちが一緒に考えた遊具や空間のある遊び場に変えます。過去のイベントでは川崎区の富士見公園やその近辺にて「巨大迷路」など本格的な設備にも手作りで挑戦してきました。

過去、富士見公園にて開催された「パークチャレンジかわさき」の様子。子どもたちのアイデアを取り入れた「巨大迷路」を手作りで創り、そして遊ぶ。
過去、富士見公園にて開催された「パークチャレンジかわさき」の様子。子どもたちのアイデアを取り入れた「巨大迷路」を手作りで創り、そして遊ぶ。

【関連記事】川崎経済新聞
「川崎区で『パークチャレンジかわさき』 公園を活用して子ども・若者の居場所作り」
 記事リンク:https://kawasaki.keizai.biz/headline/803/

 第3回目のイベントをとなる今回は「川崎市立労働会館サンピアンかわさき」にある約70m x 50mの芝地空間を活用し、街の公園にはではなかなか見なる事ができない様々なアトラクションが創り上げられました。

1日だけの夢のアドベンチャーパーク!

 普段は何もない空き地ですが、その日に限り「ボルダリング」「ターザンロープ」「タイヤブランコ」などの手作り遊具を設置、魅力的なアトラクションを目の前に多くの子どもたちが楽しんでいました。

手作りボルダリングやタイヤブランコに挑戦する子どもたち。
手作りボルダリングやタイヤブランコに挑戦する子どもたち。

アトラクションの目玉、ターザンロープには多くの人達が列を作りました。

無邪気にはしゃぐ子どもたち。一緒に参加した大人からは「身近な人たちでこんなに本格的で楽しい遊具が作れることに感動した。」という声も。
無邪気にはしゃぐ子どもたち。一緒に参加した大人からは「身近な人たちでこんなに本格的で楽しい遊具が作れることに感動した。」という声も。

 他にも「カラーボールサッカー」「三角ベース」「はやあしシッポとり」、人気テレビ番組を参考に考案された「逃走中」といったオリジナルゲームなども企画されました。ルールを知らなくても「遊びながら覚える」ことができるので、子どもたちは初めてのゲームにも積極的に参加していました。

身近な空き地にできたアトラクションやゲームを元気いっぱい楽しむ子どもたち。
身近な空き地にできたアトラクションやゲームを元気いっぱい楽しむ子どもたち。

 アトラクションの合間に用意された「紙芝居」コーナーも人気で多くの子どもたちが聴き入っていました。

子どもたちも芝居の演出に参加し、場を楽しませていた。
子どもたちも芝居の演出に参加し、場を楽しませていた。

 広々なフリースペースでは用意されたボールやフリスビーなどを使って、思い思いの遊びを楽しむ子どもたちも見られました。

周りの大人たちも、子どもたちに混じって童心に返り思いっきり遊んだという。
周りの大人たちも、子どもたちに混じって童心に返り思いっきり遊んだという。

想いを一つに、それぞれの「居場所」を創る

「パークチャレンジかわさき」で使用される遊具やゲームは川崎区に住む子どもたちと共にその想いを受け止めた大人たち自らの手で創り上げられます。

1日目の「遊び場づくり」の様子。ターザンロープに使われる大きな遊具も安全に配慮し、適度なスピードが出るよう試行錯誤し創られた。
1日目の「遊び場づくり」の様子。ターザンロープに使われる大きな遊具も安全に配慮し、適度なスピードが出るよう試行錯誤し創られた。

 サポーターの子どもたちも「遊び場を創り」、より年少の子どもたちの「遊びのリードし」「遊び場の片付け」までを積極的に参画していました。

地元の子どもや大人らが一丸となって設営に協力。2日間での子どもたちの逞しい成長も感じられた。
地元の子どもや大人らが一丸となって設営に協力。2日間での子どもたちの逞しい成長も感じられた。

遊びを通じた子どもや若者の居場所づくり

「川崎にはエネルギーある子どもたちが多くいる。一方でそれを発散する場所が少なくなってきている。場所を準備し、支えれば、彼らの想像力やパフォーマンスが発散・発揮するカタチができる。使われていない空き地を活用することで、そんな若者たちと一緒に皆が共生できるような仕組みを考え作っていきたい。」

「遊びを通した場づくり」を通して、川崎区に住む子どもたちやその少し上の若者たちの意識を変えていきたいと本プロジェクトを主導する川崎区地域教育会議の宮越隆夫さんは熱い想いを語ってくれました。

笑顔で子どもたちや若い世代への想いを語る宮越さん。「若者たちが発散するだけでなく、その元気さが地元の人たちに受け入れられるような街を作りたい」と川崎区に子ども・若者の居場所作りの場の常設化を目指す。
笑顔で子どもたちや若い世代への想いを語る宮越さん。「若者たちが発散するだけでなく、その元気さが地元の人たちに受け入れられるような街を作りたい」と川崎区に子ども・若者の居場所作りの場の常設化を目指す。

「パークチャレンジかわさき」

 本企画は「いきいきかわさき区提案事業」の「子ども・若者居場所プロジェクトin富士見公園」の一貫で行われたイベントになります。第3回目となる今回は新型コロナ感染症の影響で規模を縮小しての開催となりましたが、400名を超える街の人々が来場するなど、大盛況なイベントとなりました。

 好評を博した一方で、惜しまれる声も多くある中ではありますが、今回のイベントで「いきいきかわさき区提案事業」としては一区切りとなります。今後は富士見公園の改修案件にも注目しつつ、これまでの活動に関わってくれた人々の声を聞き、次なる場づくりの企画を計画していくと言います。

 空き地や公園の新しい活用にチャレンジし、様々な世代が共存して楽しめる「居場所づくり」を続ける彼らの活動に今後も注目したい。

「パークチャレンジかわさき」。広大な空き地を地元の皆の手で、笑顔あふれる「遊び場」に創り上げた。
「パークチャレンジかわさき」。広大な空き地を地元の皆の手で、笑顔あふれる「遊び場」に創り上げた。

「パークチャレンジかわさき」
 開催日:3月20日(日)
 場所:労働会館南の空地・公園歩道一区画
 主催:川崎区地域教育会議、川崎区役所
 公式Facebook:https://www.facebook.com/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%95%E3%81%8D-106208130744707/
 公式Twitter:https://twitter.com/ParkchallengeK
 備考:本プロジェクトは「令和3年度いきいきかわさき区提案事業」です。

一部写真提供:「パークチャレンジかわさき」運営より

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。