タイトル画像

【限定販売】モスバーガーの『濃厚食パン』を実食してみた

中川マナブ

さんぽブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

近年の食パンといえば、高級食パンなど、バリエーションも増えて、めざましい進化を遂げています。

モスバーガーへ
モスバーガーへ

そんな中、ハンバーガーチェーン店の「モスバーガー」が、テイクアウト専用の食パン 「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」を2021年3月12日(金)からエリア限定・店舗限定で販売開始したと聞いて、実際に購入してみました。

モスバーガーが食パンを販売

完全予約制です
完全予約制です

モスバーガーの「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」は、モスバーガーの対象店にて、毎月第2・第4金曜日の月2回の限定で販売(予約締切日は前の週の土曜日)しています。

お知らせには「素材から製法までこだわり抜いて生まれた、特別な食パンです。」と記載されていて、思わず期待が高まります。

予約方法

対象店舗にある「ご予約カード」
対象店舗にある「ご予約カード」

予約方法は、対象店舗にある予約カードに氏名、電話番号、受け取り希望日時、予約数を記入してお店の方に渡して、料金を支払えば予約完了。料金は、1斤600円(税込・お持ち帰り限定)です。

予約カードは、モスバーガーの公式サイトからもダウンロードできるので、事前に書いて持っていったほうが楽ちんですね。

専用の紙袋(無料)に入れてもらえます
専用の紙袋(無料)に入れてもらえます

ということで、発売開始日に購入してきました。専用の紙袋(無料)に入れてもらえます。

モスバーガーの「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」を開封

「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」
「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」

こちらがモスバーガーの「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」。モスバーガーのマークが入った袋にはスライスされた厚切りの食パンが4枚(1枚あたり333kcal)入っています。製造は山崎製パン株式会社が担当しているそうです。

中をのぞくと「いい香り♪」
中をのぞくと「いい香り♪」

袋を開けて食パンを覗いてみると、さっそく食パンからは濃厚なミルクのような芳醇な香りが!

良い面構えです
良い面構えです

袋から取り出してみると、スライスされた面は、やや黄色味がかっていて、普通の食パンとはまったく違う雰囲気です。

いい香りが漂います
いい香りが漂います

それもそのはず、材料にはバターと卵に、生クリーム、乳製品をたっぷりと使用。小麦粉もキメの異なるものを使っているそうです。

耳までやわらかい
耳までやわらかい

食パンを持ってみると、厚切りの食パンながら、ふわんふわんと耳までやわらかいです。

生で実食

なにもつけずにいただきます
なにもつけずにいただきます

まずは、そのまま生食でいただきます。

全体がしっとりとしていて、やわらかな食感に濃厚なバターの香りがプラスして筆者も思わず笑顔に。厚切りなので、1枚でも朝食として十分なボリュームです。

焼いて実食

こんがり焼きました
こんがり焼きました

次はトースターで3分ほど、焼いてみました。スライス面の黄色味がさらに強くなって、まるで太陽をたっぷり浴びた収穫直前の小麦のようです。

外はカリッとしながらも耳はやわらかいまま、中のもっちり具合は生食の時よりも増して、さらにリッチな味わいに。たしかにこれは「バターなんていらないかもっ」と思わず声にしそうになります。

"あえて"バターをつけて実食

追いバター
追いバター

「バターはいらないかもっ」と思いつつも、やっぱりバターをつけて食べたいという方もいらっしゃると思うので、最後に"あえて"バターをつけていただいてみました。

「濃厚な食パン」が追いバターをぐんぐん吸収して、さらに濃厚な味わいの食パンに。コーヒーとの相性も抜群でした。

モスバーガーの食パンということで、ハンバーグやコロッケなどをはさんだ、惣菜サンドウィッチも美味しそう!残りは冷凍保存して、次の週末にいただきます。

<関連情報>

バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン(モスバーガー公式サイト)

シェア

いいね

コンテンツへの感想