タイトル画像

【横浜市青葉区】夜お茶がお得? 大手コーヒーチェーン店でフードロス削減、一部商品が19時以降割引。

中村伊知花

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

環境保護に対する関心が高まり、外食産業における食品廃棄が話題になることがあります。

大手外食チェーンがフードロス削減への対策について発表したり、フードバンクへの協力が行われるなど、注目されていることを感じます。最近はすぐ消費するものはあえて「フードロス」になりそうな商品から購入してみるというように行動を変えた方もいるようですね。

タリーズコーヒーではフードロス削減に取り組むため、一部店舗にて19時以降のショーケース内陳列フードの割引を行っているとのことです。

横浜市青葉区でも実施している店舗はあるのでしょうか?

季節のドリンクを楽しみながらフードロス削減に協力

横浜市青葉区の「タリーズコーヒー たまプラーザテラスリンクプラザ店」に実施の案内がありました。

シーズナルドリンクがまず最初に目に入ります。今年で発売12年目を迎える毎年タリーズコーヒーのホリデーシーズンに登場する大人気商品シーズナルドリンク「アイリッシュラテ」 ホット/アイス Short:450円(税込495円)Tall:500円(税込550円)Grande:550円(税込605円)も発売中です。

そして下の写真の店舗入り口の左側にそっと置かれているお知らせに注目してください。

「ECO割 19:00~食品ロス削減にご協力いただくお礼として、フードショーケース内対象商品を20%OFFにて、お買い求めいただけます!!」とのお知らせがありました。

たまプラーザ駅直結の店舗ですので、電車利用の方にも便利なお店です。お仕事帰りに季節のドリンクを楽しみながら、環境のことを考えてフードロス削減に協力できそうなチョイスをしてみるのもいいかもしれません。

2021年11月26日には別のシーズナルドリンクが予定されているようです。現在発売中のシーズナルドリンクが気になる方はお早めに。シーズナルドリンクで「夜お茶」を楽しむときは対象フード商品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

2021年11月からたまプラーザ駅周辺は「たまプラーザテラス」のメインクリスマスツリーや「美しが丘公園」のペアツリーイルミネーションなど夜の散歩が楽しめるポイントがいくつかあります。

夜のイルミネーションを見に行くときには、ちょうど夜遅い時間にかかることも。そんなときはフードロス削減に協力できるかもしれないことを思い出してお店や商品を選んでみたいと思います!

※ドリンク・フードの価格は店内飲食時の価格です。テイクアウトの場合は税率が異なります。

【店舗情報】
店名:タリーズコーヒー たまプラーザテラスリンクプラザ店(外部サイトへ)
住所:神奈川県横浜市青葉区新石川2-1-15
電話:045-910-1017
営業時間:平日:7:30~22:30(L.O.22:00)土:8:00~22:00 日祝:8:00~21:00

シェア

いいね

コンテンツへの感想