How to

  • いいね

「この手帳があれば安心!の来年手帳準備。」 by NOTEBOOK LIFE

なかむら真朱

Notebooker

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

何か書類を書くときや連絡をしなくてはいけないときなど、
あの情報どこだっけ?と探すところからスタートするのってとっても億劫ですよね。
今回は来年手帳準備として、
自分にとって必要な情報をまとめて見れるページをおすすめしようと思います。

動画やサンプルとして書いた例は以下です。
1アカウント情報
メールアドレスやSNSアカウントなどどんどん増えていく情報を一覧で見れるように書いておくと便利。
2実家の住所
住所録がない手帳も増えてきているので、実家など不意に書類を書かなくてはいけない事態などに備えておくと安心です。
3家電の型番
消耗品を買おうとしたら型番ごとに違うものがあってよく分からなくて諦めるのを防止。
4ペンの替え芯の型番
これもたくさん種類があってよく分からなくなりがち。記載があっても小さくて見えづらいこともあるので書いておくと楽です。
5車のナンバー
自分のだけでなく、家族のも控えておくと安心。
6令和だと何年?
書類の中には令和で何年か書くように指示があるものも。家族の生年月日も和暦までメモしておくと便利。
7かかりつけ病院情報
調べれば分かるものも、休診日や診察時間などぱっと分かると楽です。
8学校の欠席対応
学校に限らず、習いごとなども休むときに連絡する方法を書いておくと慌てなくて済みます。
9健康保険などの番号
年金番号や免許証番号なども書類に書くときに手帳さえ見れば書けるって便利です。
10銀行の口座情報
紛失時など万が一の連絡先なども含め書いておくと安心。
他にも
今はLINEで連絡を取ることが多く電話はあまり掛けないけれど、
家族や親しい友人の電話番号などももしもに備えて書いておくといいかなと思います。

フセンで書いておけば、再来年の手帳に持ち越すことも出来るし、
情報が多くなったら、超重要と重要度がさほど高くないものをあとで分けることも可能です。
どんどん追記したりカスタマイズしたりして、これさえあれば安心という手帳を作っていってください。

それから、動画の最初に紹介したリマインダーになるフセンもオススメです。
やらなきゃいけないことや、やった方が良さそうなこと、何かの手続き方法なども、
その時の自分が陥りそうなことを事前にフォローしていくのオススメです。

使用文具
手帳:コクヨ ジブン手帳Lite mini
フセン:アートプリントジャパン ステッキーメモ

音源提供:Nash Music Library

シェア

いいね

コンテンツへの感想