タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【東大阪市】河内小阪駅前が大きく変わる。「小阪第2.3.4.5近鉄ビル」の解体工事が始まりました!

なかしまあすか

地域ニュースサイト号外NETライター(東大阪市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

東大阪市の近鉄奈良線「河内小阪駅」北側の「小阪第1近鉄ビル」が、解体されてから約1年。2020年8月4日~2021年7月31日まで工事が続けられ、解体後の今は駅前のコインパーキングとして利用されています。

小阪第1近鉄ビル跡地:今はコインパーキングに
小阪第1近鉄ビル跡地:今はコインパーキングに

「小阪第1近鉄ビル」の解体終了から約1年が経ち、そろそろ他のビルも解体作業に入るかな?と思っていましたが、今月(2022年7月)に入ってから、残っていたお店の移転や、バリケードの設置などが行われ、解体に向けての動きが見られます。

「小阪第2.3.4.5近鉄ビル」の解体工事に伴い、このような看板が設置されていました。

「小阪第2.3.4.5近鉄ビル」の解体工事が、いよいよ2022年7月1日より始まりました。このように真上から地図でビルの位置を確認すると、第2~第5までのビルの位置関係が良くわかります。今まで第5ビルの場所がいまいちわかっていませんでしたが、第2ビルの横にあったんですね(;'∀')!

看板には、「規制期間 令和4年(2022年)7月1日~令和5年(2023年)12月31日 上記期間内終日通行止」と記載されています。

緑の枠が、工事現場の「小阪第2.3.4.5近鉄ビル」で、「小阪第2.3.4近鉄ビル」の青色(紺色)部分の歩道が、期間内終日通行止となっています。赤い矢印は、歩行経路の案内です。

通行止め部分は「歩道」部分で、歩道のあった場所は現在はこのように、バリケードが張られているので、今はもう中を通行することはできません。

約1年半後には、「小阪第2.3.4.5近鉄ビル」が解体され、無くなっているなんて、今はまだ想像できません。筆者の生まれた時からある小阪第2.3.4.5近鉄ビルが、4つもまとめて建物が解体されると聞くと寂しい気もしますが、老朽化もありますし、河内小阪周辺が新しく生まれ変わる為なのでそうも言ってられません(;^_^A

今後も河内小阪駅周辺がどのように変化していくのか、経過を見ていきたいと思います!

《近鉄グループ経営計画 資料編》
小阪第2近鉄ビル
【住所】大阪府東大阪市小阪1丁目7−2
小阪第3近鉄ビル
【住所】大阪府東大阪市小阪1丁目11−3
小阪第4近鉄ビル
【住所】大阪府東大阪市小阪1丁目10
小阪第5近鉄ビル
【住所】大阪府東大阪市小阪1丁目7

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。