How to

  • いいね

マニキュアをワンランク綺麗に塗る下準備。

なかやまちえこ(ネイリスト)

ネイルアーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。お天気もよく、外にいるだけで気持ちの良い季節がやってきましたね!普段はネイルができない方にはマニキュアがオススメです。手軽に塗れて、いつでも落とせるそんな便利なマニキュアを、いつもよりもワンランク綺麗に塗れるようになる簡単な下準備の方法をご紹介します。

何もしていない状態の自爪。
何もしていない状態の自爪。

ワンランク綺麗に塗る為の下準備。

1.お湯につけて甘皮をふやかします。
2.ウッドスティックにコットンを巻きます。
3.甘皮を押し上げます。
4.爪の表面を磨きます。
5.カラーリングします。

指先をお湯に浸します。
指先をお湯に浸します。
  1. 人肌程度の温度のお湯を用意します。
  2. 指先を5分程度浸します。

ネイルケアは皮膚が柔らかくなっている、お風呂上がりにするのもオススメですよ!

コットンとウッドスティック
コットンとウッドスティック

コットンとウッドスティックを用意します。コットンとウッドスティックはドラッグストアや100円ショップなどで手軽に購入出来ます。

ウッドスティックにコットンを巻きます。
ウッドスティックにコットンを巻きます。
  1. ウッドスティックをお湯につけて濡らします。
  2. コットンを巻きます。
  3. 今のままの状態だとふわふわしているので、
  4. コットンを巻いてからまたお湯に浸けて濡らします。
  5. 手のひらを使いしっかりと巻き付けます。
コットンを巻いたウッドスティック。
コットンを巻いたウッドスティック。

コットンの量が少ないと、木が甘皮にあたり痛いですが、コットンが多すぎると甘皮を綺麗に上げづらくなるので、画像程度の量を巻きます。

甘皮を押し上げます。
甘皮を押し上げます。

コットンを巻いたウッドスティックを使い甘皮を押し上げます。爪の脇から入り、角→甘皮→反対側の角というように、流れるように繋げて押し上げていきます。

ワンポイントテクニック

シャイナーを使います。
シャイナーを使います。

爪磨き用のシャイナーと呼ばれるファイルを使います。こちらもドラッグストアや100円ショップなどで手軽に購入できます。

  1. シャイナーを用意します。
  2. シャイナーは色がついているザラザラした面から使います。
  3. ツルツルした白い面で擦ります。

白い面を擦る時は、圧をかけて「きゅっきゅっ」と音がするように擦ると綺麗に光ります。何度も使っているうちに光らなくなってきたら、買い替え時です。

下準備後の自爪。
下準備後の自爪。

下準備の完成です!甘皮周りが綺麗になると根元のカラーリングが綺麗になります。爪の表面が元から艶っとしていると、カラーリングの仕上がりがツヤッツヤになります。

マニキュア のカラーリング

それでは、さっそく塗ってみましょう!

マニキュアのカラーリング。
マニキュアのカラーリング。
  1. ベースコートを塗ります。
  2. カラーリングします。乾いてから2度めを塗ります。
  3. はみ出た場合はウッドスティックですぐに修正をします。
  4. トップコートを塗ります。
マニキュア カラーリング後。
マニキュア カラーリング後。

今回のカラーリングには、ベースコートはプロ用商材を使いましたが、赤のマニキュアは100円ショップで購入できる物、トップコートはコンビニで購入できる物を使ってみましたが、こんなにつやつやとまるでジェルネイルのように仕上げることが出来ます♪

いろんな角度から。
いろんな角度から。

今回使用したマニキュアはこちら↓

左から、コンビニで購入出来るパラドゥのトップコート・100円ショップで購入できるフレンドネイル・プロ商材シャレドアのベースコート。
左から、コンビニで購入出来るパラドゥのトップコート・100円ショップで購入できるフレンドネイル・プロ商材シャレドアのベースコート。

コンビニや100円ショップなどでお手軽に購入出来るマニキュアも、ちょっとした手間をかけるとプロのジェルネイルのような仕上がりに大変身します♪ 是非試してみてくださいね。

シェア

いいね

コンテンツへの感想