タイトル画像

【さいたま市】県内で修行・都内で行列店となった武蔵野うどんの名店が市内にもオープン!

中山のりお

ブロガー・ライター・フォトグラファー(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

武蔵野うどんといえば、何度も紹介している埼玉県のソウフルードです。当然のことながら「有名店」というものがありまして、市内であれば先日紹介した「藤店うどん」を筆頭に、いくつかのお店の名前が頭をよぎります。もちろん市外にも有名店はありまして、中でも川島町にある「庄司」さんは県外からも食べに来る人がいるような、超のつく有名店です。

話がながくなりましたが、その「庄司」さんで修行し、都内(高円寺)で行列店となった名店「肉汁饂飩屋とこ井 (にくじるうどんや とこい)」さんの支店が、新都心のコクーンシティにできたんです!11月19日(金)オープンということで、さっそくですがうかがってきました。

武蔵野うどんを全面に押し出したビジュアル!
武蔵野うどんを全面に押し出したビジュアル!

お店はコクーンシティでも中央の、映画館「MOVIXさいたま」の周りにある飲食ゾーンにありました。自動ドアのすぐ外ということで、モール内でも立地としては最高ですね。この日は11時の開店直後に訪れてみましたが、なんとすでに数人の待ちが。知っている人は知っている、ということでしょうか…!

店頭で名前を書き、待つこと数分で入店。まずは券売機で食券を購入することになりますが、面白いことに、店員さんがマンツーマンでメニューの特徴などを案内してくれますので、事前情報なしに訪れても安心です。麺の量は「並盛り」が350g(注:ゆであがり後重量)、「中盛り」が100円増しで500g、「倍盛り」が200円増しで700g、「キロ盛り」が500円増しで麺1,000g!となりますが、なんとさらに上があり「鬼盛り」では800円増しにてなんと麺量1,500gという、チャレンジメニューなみの量になっていました。なお券売機の段階で「冷もり(冷たいうどん)」か、「熱もり(お湯で温めたうどん)」かを選択するという、初めてみるスタイルでした。

他にも「天ばら小丼(380円)」「熟成『極』豚丼(1,200円)」など魅力的。これはだいぶおなかを減らしてくる必要がありますね。

メニューの一部。お子様セットがあるのは地味に嬉しい
メニューの一部。お子様セットがあるのは地味に嬉しい

今回は初回ということで、スタンダードな「肉汁つけうどん(780円)」を「並盛り」で注文。まずは王道の一品でチャレンジします。

店内には製麺室もあり、うどんに自信のある様子がうかがえます。そうこうしていると、運ばれてきたうどんがこちら。

ワイルドな太さとは裏腹に上品な提供スタイル
ワイルドな太さとは裏腹に上品な提供スタイル

めちゃくちゃ太い!真っ白ではなく褐色がかっているのは、小麦のふすまが練り込まれているからなんだとか。薬味ネギがついてくるのは珍しい気がしますね。

一口うどんを食べてみると、もうこれは大正解。ワッシワッシ、ゴッリゴリの武蔵野うどんど真ん中です!うまい。うますぎる。よくぞショッピングモールにこんな硬派なうどん店を入れてくれたものです。このお店のためだけにコクーンシティに来ても良いかも。一瞬でそこまでのことを思ってしまいました。

つゆは繊細な出汁がきいていて、油揚げは軽く炙ってあり香ばしく、食欲をそそります。なによりネギと豚肉がたくさんはいっていて、これは満足度が高い!並盛りの350gは一瞬でなくなってしまいました。これは500g基準にするのが正解かもしれません。

ということで、なんと嬉しい名店の誕生でしょう。これは早々に行列が長くなりそうですね。とはいえ、まだまだ広くは知られていないはずなので、行くなら今かもしれません!コクーンシティへ急げ!

武蔵野うどん とこ井
コクーンシティ 北館 2F
11:00~23:00
048-767-8966
コクーンシティの案内はこちら

シェア

いいね

コンテンツへの感想