タイトル画像

おもしろ/ネタ

  • いいね

ポメラニアンの赤ちゃんが“熱を出した理由”に思わずほっこり…!

中山少年

ほっこりエッセイ作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎日たくさんの動物の患者さんがやって来る“動物病院”。犬や猫をはじめとする動物をペットとして家に迎えて癒されている人が多いからこそ、さまざまな問題を抱えて通院される患者さんがいるのですが、たま〜に珍しい事例もあるみたいです。

熱を出したポメラニアンの赤ちゃん

その内のご一件が“ポメラニアンの赤ちゃん” 元気いっぱい!健気で可愛いポメラニアンですが、新しい飼い主さんの家に迎え入れてもらって早々に高熱を出してしまったのです…、

犬を飼うのは初めてだし、店員さんに必要な道具や生態を前もって聞いておいたのにな…、高熱を出したポメラニアンがまだ赤ちゃんだった事もあって心配な飼い主さん。

診断結果にびっくり…!

動物病院で診察を終えて、先生から言われた言葉にびっくり!ポメラニアンの赤ちゃんが熱を出してしまった“とある理由”とは…

「頑張り過ぎちゃったみたいですね…」と先生。そう、ポメラニアンの赤ちゃんは、新しい家族の人達に気に入ってもらおうと、一生懸命自分のアピールを頑張り過ぎて、疲れて熱を出してしまったのでした…!

飼い主に気に入られようと頑張り過ぎた…

元気いっぱいで“頑張り屋さん”な性格のポメラニアンだからこその、なんとも健気なご一件。赤ちゃんの小さな体で頑張り過ぎちゃったら熱も出ちゃいますよね…

飼い主さんは先生からその事を聞いて「気付いてあげられなくてゴメンね」と感極まってしまったのだそうです、、

その後、優しい飼い主さんの元でポメラニアンの赤ちゃんは幸せいっぱいに暮らしているのだそう!通院した事で“性格を知る事が出来た良いキッカケ”になったのかな。

動物病院にいた人全員が“優しい気持ち”になれそうなこの可愛いご一件。もちろん、ケガや病気と向き合って一生懸命がんばっている患者さんが多い中で、このようなご一件が少しでも増えたらいいなぁと思います。

漫画「熱を出したポメラニアンの赤ちゃん」

その1
その1

その2
その2

その3
その3

その4
その4

その5
その5

中山少年(なかやましょうねん)1995年生まれ。東京都出身。東貴博主催「笑塾」3期生。日常のほっこりした発見をコミックエッセイでSNSに投稿している。Instagramフォロワーは9万人以上。

11月28日 掲載

シェア

いいね

コンテンツへの感想