タイトル画像

おもしろ/ネタ

  • いいね

【ピノ】〜ほっこりする食べ方〜

中山少年

ほっこりエッセイ作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

森永乳業から発売されている大人気アイスクリーム「ピノ」一箱六粒食べても物足りなく感じる程、チョコとアイスクリームの絶妙な美味しさがクセになります。そんなピノには、知っておくとより楽しめる“ある秘密”が隠されているのをご存知でしょうか。

見つけたら嬉しい!ラッキーピノ

円錐台で一口形状のかわいい形をしたピノですが、“ラッキーピノ”とも呼ばれる変わった形をしたピノが入っている事があるのです!

そのラッキーなピノの形は「ハート形」と「星形」どちらも出現率はかなり低いので、もし発見出来たらまさに吉兆。レアな形を用意してくれるなんて、森永乳業の遊び心を感じます。

ラッキーはトレーにも!

はたまた、ラッキーは箱の下のトレーにも隠されているのをご存知でしょうか?トレーにも稀に、ピノの真下に四つ葉のクローバーが描かれている事があるんです!

ピノを持ち上げた時に四つ葉のクローバーを見つけられたら、まさに自分へのご褒美。ただでさえ美味しいピノに、マニアが喜ぶこれらの嬉しいアイデアを添えてくれるなんて、ピノの人気の理由が伺えます。

意外と認知度の高いラッキーピノ。いつも箱を開ける時にワクワクするのですが、その大半がラッキーに巡り会う事はなく「それが現実だよなぁ」とさみしい気持ちになる人も多いのではないでしょうか…

ラッキーが入って無かった時のおすすめ!

ラッキーピノに巡り会えたら何よりですが、ラッキーピノに巡り会えなくても楽しめる、あるオススメの方法があるんです。

それは、同封されているピックでピノに“にっこりマーク”を書いて食べるんです。幸せは自分で作っても良いじゃない!ラッキーなピノが入って無かった時は自分でハッピーを作るようにしています。

にっこりを書くのは“ラッキーピノが入っていなかった時限定”のルールを作れば、特別感が出ますし、結果どちらにせよ自分がハッピーな気持ちにになれます。

小細工と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、こういった小さな事から自分の調子を上げる事が出来れば前向きになれるし、日々少しずつ嬉しい発見が増えて来るのではないでしょうか!

漫画【ピノのおすすめの食べ方】

中山少年(なかやましょうねん)1995年生まれ。東京都出身。東貴博主催「笑塾」3期生。日常のほっこりした発見をコミックエッセイでSNSに投稿している。Instagramフォロワーは9万人以上。

12月2日 掲載

シェア

いいね

コンテンツへの感想